病気でバイトを辞めたい

 

 

病気でバイトを辞めたいという方へ

病気の症状が悪化して、今直ぐにでもバイトを辞めたいと考えている方はいらっしゃるはずです。

 

確かに、アルバイトが原因で病気を患ってしまったのであれば、そのまま続けていれば症状が悪化するのは間違いないため、誰もが辞めたいと考えます。

 

そもそも、病気が原因ではなくとも、アルバイトは好きな時に辞められるという権利があり、「一身上の都合で辞めます」という言い方で十分なのです。

 

「代わりがいないから今辞められたら困る」「2ヶ月という短い期間で辞めるのは無責任だ」というのはお店の都合だと説明できます。

 

お店の都合で私たち従業員が振り回されることはありませんし、辞めたい時に辞められるのがアルバイトのメリットで、正社員の人間とは大きく異なるのです。

 

それに加え、バイトが原因で病気を患ってしまったのであれば、続ける理由は一切ありませんし、辞めたいと考えても仕方がありません。

 

バイトが原因となって引き起こされる病気として最も多いのがうつ病で、人間関係のもつれなどが大きな要因となっております。

 

飲食店にしてもコンビニにしても、アルバイトでは様々な年代の人たちが働いており、その人たちと仲良く仕事をしていかなければならないのです。

 

しかし、内向的な方や人見知りの方は、自分から話し掛けることができず、場合によってはイジメのような扱いを受け、うつ病といった精神的な病気を患ってしまうのではないでしょうか。

 

実際に、身体的な異常も同時に引き起こされているのであれば、呑気にバイトをしている場合ではないですし、早めに病院を受診して専門医の診察を受けるべきです。

 

店長に病気を患ったことを電話で告げれば、どんな人でも理解してくれるはずですし、シフトを外して休養を承諾してくれます。

 

もし、病気が治ったとしても、以前と同じバイトをしていても自分が辛いだけですし、嫌な出来事の記憶が蘇ってしまうかもしれないので、別のバイトを探した方が良いです。

 

ストレスをあまりにも感じていれば、吐き気や頭痛といった体調不良で悩まされるはずですし、一度病気が治っても再発したら意味がないので、きちんと対策を打たなければなりません。

 

むしろ、病気になった時点で「バイトを辞めたい」「バイトを続けたくない」と感じるはずなので、直接伺うことができなかったとしても、電話で辞めることを伝えるべきです。

 

病気でバイトを辞めるのは、決して情けないことではありませんし、辛い気持ちを押し殺す必要は全くないので、あまり自分を責め過ぎないようにしてください。

 

 

 

 


「病気でバイトを辞めたい」に関するページ