体調不良でバイトを辞めたい

 

 

体調不良でバイトを辞めたいという方へ

体調不良が原因でバイトを辞めたいと考えている人は多いかもしれません。

 

どのような症状なのか個人によって異なるものの、体力的にきついアルバイトならば頭痛やめまい、不眠や動悸といった体調不良が続く可能性は十分にあります。

 

そのような状態では満足に業務をこなすことができないので、バイトを辞めたいと考えても仕方がないのです。

 

バイト先の激務や人間関係で体調不良に陥ったのか、元々身体が弱いことが原因で不快な症状が引き起こされたのかによって多少は違います。

 

それでも、体調不良はバイトを辞める十分な理由になりますし、オーナーや店長がアルバイトの人を拘束するような義務は一切ないのです。

 

しかし、あまりにも自分の言い方が悪いとトラブルが引き起こされる原因となるため、音沙汰ないように注意した方が良いのではないでしょうか。

 

そこで、体調不良で身体がもたないことを伝えるだけではなく、「自分に非がある」「職場の仲間に迷惑がかかる」という要素を一緒に伝え、申し訳ない気持ちで話せば誰でも分かってくれます。

 

今までバイト先に貢献し、店長から好かれていたような人ならば身体を休めて元気になるように励ましてくれますし、「体調不良が治って回復したら戻ってきて良いぞ」と嬉しい言葉をかけてくれるはずです。

 

バイト先での処遇に納得がいかず、感情的になって話せば相手を逆撫でしてしまいますし、後味の悪い辞め方になるので気を付けた方が良いかもしれません。

 

誰でもスムーズにバイトを辞めたいと考えるはずですし、争いをできる限り避けたいのは当然のことです。

 

バイトを辞めて赤の他人になったとしても、今までお世話になったのは紛れもない事実なので、感謝の気持ちも伝えるようにしましょう。

 

そうすれば体調不良が原因でも就職活動が原因でもお互いに納得して辞められますし、気まずい雰囲気にはならないと思います。

 

「バイト先に迷惑がかかる」と無理して働いても体調不良を悪化させるだけですし、明確な理由を告げなくても「一身上の都合で」と押し通すことも可能です。

 

私たちにはバイトを自由に辞めて仕事を選ぶ権利がありますし、従業員を縛り付けるような権限はオーナーや店長には一切ありません。

 

この点を事前に把握しておけば、楽な気持ちでバイトを辞めたいという旨を上司や店長に告げられるはずです。

 

ただし、1日前や2日前に告げるのは非常識なので、早くて1ヶ月前、遅くても2週間前には辞める旨を伝えておきましょう。

 

 

 

 


「病気でバイトを辞めたい」に関するページ