クリスマスにバイトを辞める

 

 

クリスマスにバイトを辞めるという方へ

クリスマスの忙しい時期にバイトを辞めることができるのか、疑問を感じている方はいらっしゃるはずです。

 

業種によって異なるので一概には説明できませんが、ケンタッキーフライドチキンといった飲食店の場合、クリスマスは書き入れ時なので、多くの従業員を12月の24日や25日に働かせることが多くなっております。

 

もちろん、アルバイトなので決まった日に働かなければならない決まりはありませんが、飲食店の場合は面接の際に、「クリスマスは働ける?」「お正月はシフトに入れる?」と尋ねられるはずです。

 

もし、クリスマスに働けると言って採用された場合は、契約書にサインしていなかったとしても、暗黙の了解として最低でもこの時期を乗り越えてからバイトを辞める旨を伝える必要があります。

 

そのような口約束が交わされていなかった場合は、クリスマス前であっても1ヶ月前に理由を店長に伝えていれば、辞めることは十分にできるのではないでしょうか。

 

企業によって決まりは異なるものの、無駄に従業員を縛り付けるような権限は雇用主にはないため、事前に伝えていればどんな時期であっても辞めることはできるのです。

 

しかし、早急にバイトを辞めなければならない理由がないのならば、クリスマスといった繁忙期が終わった後に辞める相談をした方が良いかもしれません。

 

基本的に、飲食店であれば繁忙期は一人でも従業員が欠けることで、多大な影響が出ることがありますし、「就職活動に精を出すために辞める」という方であれば、クリスマスが終わってからでも支障はないはずです。

 

バイトの仲間と上手くいっていなかったり、自分への扱いが酷かったりして、精神的なストレスを溜め込んでいるのであれば、今のバイトを続ける理由はないはずなので、繁忙期の前でも辞めることを伝えた方が良いと言えます。

 

2週間前に申し出ているのであれば、雇用主には拒否する権利はないため、どんなタイミングであってもバイトを辞められるというわけです。

 

たとえ人手不足でお店側が困っているとしても、自分の都合で辞めなければならない場合は、そのことをしっかりと伝えた方が良いでしょう。

 

「店長に申し訳ない」「お店が回らないかもしれない」ということをあなたが考える必要はありませんし、人手不足は店長やその上のオーナーのやり方に間違いがあるので、気にする必要性は全くないというわけです。

 

バイトを辞めるのか続けるのかは個人の選択によるもので、今の自分に最も適した選択肢を優先するようにしてください。

 

 

 

 


「バイトを辞める原因」に関するページ