喧嘩でバイトを辞める

 

 

喧嘩でバイトを辞めるという方へ

店長や先輩と喧嘩をして、バイトを辞めることになったという方はいらっしゃいます。

 

喧嘩でバイトを辞めるという方は、全体的に見れば少ないかもしれませんが、人間である以上、ぶつかり合うことは少なからずあるのです。

 

店長の態度があまりにも横暴だったり、何人かの先輩からイジメを受けていたりすれば、誰でもストレスは溜まりますし、我慢して働き続けていても辛さは増幅していきます。

 

その怒りが沸点に達してしまうと、目上の人だろうが何だろうがキレてしまい、殴り合いの喧嘩になったりしてバイトでの居場所がなくなるという流れです。

 

しかし、たとえ自分に非が全くないとしても、人を殴るのだけは絶対に良くありませんし、場合によっては警察沙汰になるかもしれないので十分に注意しなければなりません。

 

口喧嘩であればまだしも、手を出せば相手が怪我をする恐れがありますし、傷害罪で訴えられたらそれまでなので、どんなに辛いことがあっても「絶対に手を出さない」ということだけは肝に銘じておくべきです。

 

それでも、自分では気が付かないうちに沸点に達し、目の前が真っ暗になって手を出していたというケースも十分に考えられるので、追い詰められる前にバイトを辞めるのが最善の策だと説明できます。

 

一度嫌なことがあったくらいで喧嘩になることは少ないはずですし、今までのことが積もりに積もって現状に至るというケースが多いはずです。

 

自分に非があるのならばまだしも、真面目に働いているのにも関わらず、イジメられたり不遇な措置を受けたりしている場合は、今のバイトを辞めて他の働き先を探した方が良いでしょう。

 

若い年齢の方であれば、いくらでもバイト先は見つかるはずですし、一つの職場に拘って働く必要性もないのです。

 

喧嘩になれば、相手を傷付けるだけではなく、自分が怪我を負う可能性も十分にありますし、ばっくれるような辞め方は非常識なので、働く意志がないということを店長に伝える必要があります。

 

自分の我慢が限界に達する前に辞めていれば、大きなトラブルに繋がることはありませんし、ストレスを溜め込む心配も特にないはずです。

 

どんなブラック企業だとしても、労働基準法では退職日の2週間前に辞めることを伝えれば良いと記載されているので、自分の意志に反して拘束されることは絶対にありません。

 

以上のように、喧嘩をして捨て台詞を吐いて辞めるような方法はおすすめできませんし、自分のためにもならないので十分に注意してください。

 

 

 

 


「バイトを辞める原因」に関するページ