バイトを辞めるきっかけ

 

 

バイトを辞めるきっかけについて

バイトを辞めるきっかけは人によって大きく異なり、様々な理由が考えられます。

 

正当な理由にしても、意味の分からない理由にしても、続けることができないのであれば、バイトを辞めるという選択肢を取るしかないのです。

 

そのバイトを辞めるきっかけとして、インターネットリサーチの結果、「店長や社員の人たちの雰囲気が悪い」「長い期間に渡って働ける仕事ではない」「疲れる仕事だから」という意見が上位を占めておりました。

 

確かに、店長やバイト仲間の人たちの雰囲気が悪いというのは、バイトを辞めるきっかけになりやすく、人間関係のトラブルはありとあらゆる場所で引き起こされます。

 

どんなに給料が高かったり楽な仕事だったとしても、働いていて楽しくないと感じるバイトを長期的に続けることはできないはずです。

 

お金の面だけではなく、楽しくてやりがいのあるバイトを行いながらお金を稼ぎたいと考えている方が多いため、人間関係でギスギスしているような職場は避けられてしまうのかもしれません。

 

「給料が安い」「仕事内容がきつそう」というのは、アルバイトをする前に大よその目処を立てることができます。

 

その点、人間関係に関しては実際に職場で働いてみなければ分かりませんし、店長の性格も一度面接を受けただけでは完全に把握できないので、バイトを辞めるきっかけとして人間関係のもつれは1位を占めているのです。

 

また、疲れる仕事もバイトを辞めるきっかけとなりやすく、想像以上に重労働だった場合は、体力に自信のない方は直ぐにへこたれてしまいます。

 

肉体的疲労が大きければ、長期間に渡って続けることはできないはずですし、今のバイトを辞めて他の仕事を探そうとする方が多いのではないでしょうか。

 

他にも、「勤務地が自宅から遠い」「シフトの融通がきかない」「仕事内容に興味を持てない」「1日の働く時間が長い」「もっと条件の良いバイト先が見つかった」という理由で辞める方も多いようです。

 

求人募集で記載されている内容と、実際の内容には違いが生じているケースが意外と多く、「働いてみて想像と大きく掛け離れていた」と感じる方は少なくありません。

 

どのようなきっかけだとしても、嫌々働き続けてもあなたにメリットはありませんし、雇い主側にとってもやる気のある従業員を雇いたいという気持ちがあるはずです。

 

そのため、店長にもう働く意志がないということを2週間前には正直に伝え、もっと自分に合ったバイトを探す努力をしてみてください。

 

 

 

 


「バイトを辞める原因」に関するページ