人間関係でバイトを辞める

 

 

人間関係でバイトを辞めるという方へ

人間関係のもつれが嫌になり、バイトを辞めるという方は非常に多くいらっしゃいます。

 

実際に、バイト経験のある大学生や大学院生300人を集めてアンケートを行ったところ、約45%の方がバイト先の人間関係で悩んでいるという結果が出ました。

 

男性の場合は約42%、女性の場合は約48%と、性別による違いはそこまで大きくなく、半分程度の方が人間関係で悩まされているというわけです。

 

確かに、学校であれば自分と同じくらいの年齢の人間しかいませんが、バイトの場合は年下の人も年上の人も同じように働いており、自分と合わない人はいくらでもいます。

 

そのような人とも仲良く仕事を続けていかなければならないということで、我慢の限界に達して、バイトを辞めるという決断に至ってしまうのです。

 

どんなに時給が良くて、家から近くて通いやすいアルバイトだったとしても、人間関係はとても重要な要素の一つとなっており、我慢し続けるとストレスが溜まって精神がイカれる可能性があります。

 

もちろん、嫌なことがある度に逃げ出せば良いと勧めているわけではないものの、正社員と比べてバイトであれば辞めやすいので、他の職場を探す努力をした方が良いでしょう。

 

店長の態度が傲慢だったり、自分の陰口を言う先輩が多かったりと、人間関係によるトラブルはいくらでも存在します。

 

嫌々働いていても、自分にとってのメリットは何一つとしてないので、「今のバイト先は色々な人間を知れる良い機会となった」と考えて、もっと働きやすい環境を探すのがベストです。

 

とは言え、自分に何かしらの原因があり、バイト先の先輩や同僚と上手くいっていないこともあるので、自分に非がないかどうか確かめなければなりません。

 

例えば、仕事を教えられている時の態度が悪かったり、何度言っても同じミスを繰り返したりしている場合、先輩から煙たがれることは十分にあります。

 

「個人の能力には限度があるから仕方がない」と開き直る方がいらっしゃいますが、上下関係をわきまえる行動を取ったり、言われた仕事内容を忘れないようにメモしたりと、何かしらの努力はできるはずです。

 

そのような努力をしていないのにも関わらず、怒られてふて腐れているようでは、どのバイト先でもより良い人間関係を築くことはできないでしょう。

 

もし、自分に間違った部分があるのならば、それを直すように努力していれば、バイト先でも学校でも良い人間関係を築けるようになるはずなので、まずは自己分析から始めるようにしてください。

 

 

 

 


「バイトを辞める原因」に関するページ