ストレスでバイトを辞める

 

 

ストレスでバイトを辞めるという方へ

ストレスが溜まるからバイトを辞めたいという方は多くいらっしゃいます。

 

バイトを辞める原因のランキングでも、ストレスは上位にランクインするのではないでしょうか。

 

確かに、初めてのバイトならば慣れないことも多いですし、ストレスが溜まるポイントは幾つも考えられます。

 

「仕事でミスをして上司に怒られた」「同僚と上手く付き合えない」「業務自体がハード」「給料が安い」などが多く、特に人間関係でバイトを辞める方は多いのです。

 

「バイト仲間同士の仲が悪い」「上手く溶け込めない」といった状況では、働いていてもつまらないと感じるかもしれません。

 

もちろん、バイトは遊びに来ているわけではなくお金を稼ぎにきているため、多少の苦痛は覚悟しておくべきです。

 

お金を稼ぐのは決して楽なことではありませんし、業務が辛いというだけでストレスが溜まるのはおかしいと言えます。

 

それでも、少しでも良好な環境で働きたいと願うのは人間ならば当然なので、ストレスが溜まってバイトを辞めるのは不思議な話ではないのです。

 

仮に、どんな理由だったとしても、辞職希望を受け入れてもらうことはできますし、雇用主が労働者を一定の職場に縛り付けられるような法律はありません。

 

労働基準法で自由に辞められる権利があると定められておりますし、ストレスが溜まって精神的に辛い状態が続いているのならば、上司に正直な理由を話した方が良いと言えます。

 

「ばっくれる」という方法はお互いにとって後味が悪いですし、正直に伝えれば大抵の店長ならば承諾してくれるはずです。

 

精神的なストレスが溜まりすぎて吐き気や腹痛の症状が酷くなり、場合によってはうつ病や自律神経失調症といった病気を患うこともあります。

 

体調を崩すほど劣悪な環境なバイト先で働き、お金を稼ぐ意味はないので、別の仕事を探した方が良いのではないでしょうか。

 

うつ病にしても自律神経失調症にしても、一度患うと治りにくく、完治までに数年間も費やしたというケースもあります。

 

最悪な状況を防ぐために、「バイトを辞めさせてください」と上司に告げるのも勇気の一つです。

 

とは言え、どんな仕事でも多少なりとも負担が加わりますし、何か一つ嫌なことがあったからといって色々なバイトを点々としていては自分の成長には繋がりません。

 

そこで、バイト先でストレスが溜まるのならば、そのストレスを解消するためにリラクゼーションやエステティックサロンに行ったり、自分の趣味に費やす時間を設けたりといった対策を練ってみてください。

 

 

 

 


「バイトを辞める原因」に関するページ