バイトを辞めたいのは甘えなの?

 

 

バイトを辞めたいのは甘えなの?

「バイトを辞めたいと考えるのは甘えなの?」という疑問を抱える方がいらっしゃいますが、決してそんなことはありません。

 

誰でもバイト先で嫌なことがあれば、「このまま仕事を続けていけるのか?」「周りに迷惑がかかるのではないか?」という不安が頭をよぎってしまいます。

 

中々仕事を覚えることができなかったり、同僚とより良い人間関係を築けなかったりと、バイトを辞めたいと考える原因はいくらでもあるのです。

 

その思いが積もり重ねれば、精神的に大きなストレスとなって降りかかり、うつ病といった病気を患うこともあるので、甘えだとは一概に言えないと説明できます。

 

それでも、最近の若者は少しでも嫌なことがあっただけで仕事を投げ出すという方が多く、ゆとり世代に多い傾向なのではないでしょうか。

 

このような若者は本質を理解していないことが多く、バイトをしてお金を稼ぐということは、それなりの負担を背負わなければならないのです。

 

バイト先は学校でもなければ家でもありませんし、先輩や上司が仕事を教えるために怒ることは十分にあり得ます。

 

しかし、「怒られたからムカつく」「自分には合ってない」ということでバイトを辞めたいと考えるのは、甘え以外のなにものでもありませんし、このような人間が社会に出るのは到底無理です。

 

アルバイトであればまだしも、正社員になれば自分にとって嫌なことがあったから辞めるという態度は許されないですし、そのような考え自体を改めなければどの仕事でも長く続けることはできません。

 

バイトへの変な甘やかしは、店舗全体のサービスや質の低下になると考えられているため、多少は厳しく接するのは当たり前のことですし、お金を稼ぐのは簡単ではないのです。

 

ちょっと注意されたり怒られたりしたくらいでバイトを辞めてしまうような人間には未来はありませんし、どんなバイトでも続けることができないと頭に入れておく必要があります。

 

「まだ学生だから」「まだ未成年だから」という考えは社会では通用しないですし、働いて一定の時給を貰っている以上、その自分に対する甘えは取り払わなければならないのです。

 

とは言え、少しでもアルバイトでの仕事を続けられるように努力を行い、自分なりに変わろうとしているのであれば、結果的に仕事を辞めてしまったとしても、何かしらの形で成長しております。

 

無理をして仕事を続けろと言っているわけではありませんが、楽をしながら稼ごうという考えは捨てなければなりません。

 

 

 

 


「バイトを辞めたい方に関する疑問」のページ