バイトを辞める時に引き止められるの?

 

 

バイトを辞める時に引き止められるの?

「バイトを辞めることを店長に伝え、引き止められたらどうしよう」という疑問を抱える方はいらっしゃいます。

 

確かに、どうしても辞めなければならない理由ができた場合、引き止められることで辞めにくくなり、もう少し働こうという気持ちが芽生えることもあるのです。

 

アルバイトは、どうやっても使えないゴミのような奴が来るケースも少なくないですし、真面目できちんと仕事をこなせる人間であれば、人望も少なからずあるはずなので、引き止められることは多くなっております。

 

お店側としても、1人の有能な人間を手放すのは痛いですし、その人を信頼しているからこそ、「もう少し働けないか」と引き止めるのかもしれません。

 

むしろ、店長に引き止められることなく、「お疲れ様」と言われたら逆にショックですし、辞めたいバイトだったとしても、「自分は必要のない人間だったのかな」と感じてしまうはずです。

 

つまり、引き止められるということは、お店が自分を必要としてくれている証拠なので、恥ずべきことではありませんし、嬉しいと感じるのは間違っていないでしょう。

 

とは言え、どうしてもバイトを辞めたい理由があるのならば、店長やお店に気を配る必要はないですし、自分の都合を押し切らなければならないのです。

 

「人手不足だから可愛そう」「次のバイトが見つかるまで我慢しよう」という考えでは、いつまで経っても辞められなくなってしまいます。

 

アルバイトは正社員と違って賃金が安い分、辞める際もある程度の自由はききますし、1ヶ月前の申請も厳密に言えば反故できるのです。

 

自分の意見を押し通せば、どんなアルバイトでも自分の意志で辞めることができるので、「もうちょっとだけ働きます」というように、心の隙を見せないことが大事だと説明できます。

 

そこで、辞める際の理由を考えるのは一つの手段で、引き止められないように学業や家庭の事情を理由にすれば良いのです。

 

「受験勉強のためにバイトを辞めたい」「成績が落ちて親にバイトを辞めろと言われた」という理由を告げれば、大抵の店長は仕方がないといって納得するかもしれません。

 

学生ではなくフリーターの場合も、「資格の勉強をしたい」「親戚の仕事を手伝うことになった」という理由を告げれば、引き止められる術はないというわけです。

 

誠心誠意を持ってバイトを辞めたいことを伝えているのにも関わらず、店長が了承してくれないというケースは絶対にないので、一度辞める理由について考えてみてください。

 

 

 

 


「バイトを辞めたい方に関する疑問」のページ