バイトを辞めたいけど言えない時は?

 

 

バイトを辞めたいけど言えない時はどうすれば良いの?

「バイトを辞めたいけど、店長に言えない時はどうすれば良いの?」という質問をされる方がいらっしゃいます。

 

確かに、バイトを辞めたいと伝えるのは想像以上に難しく、言い方もタイミングも考慮しなければならないため、言えない日々が続いて何だかんだで働いている人は多いはずです。

 

しかし、バイトを辞めることに関してあまり神経質になる必要はなく、これから仕事を続けていく気はないということを告げるだけとなっております。

 

もちろん、目上の人に対する言葉遣いはしっかりと守らなければならないものの、バイトを続けるのも辞めるのも個人の自由なので、正直に辞めたいことを伝えれば良いのです。

 

「学業が疎かになって親に怒られた」「親戚の仕事を手伝うことになった」など、バイトを辞める理由は個人によって異なりますが、「一身上の都合で辞めさせて頂きます」という言い方でも構いません。

 

その理由が事実にしても嘘にしても、店長がいちいち確かめるケースは少ないですし、追求されることもほとんどないはずです。

 

どうしてもバイトを辞めたいのに言えない場合、ばっくれるしか他に方法はないので、自分の口で伝えなければならないということはお分かり頂けるでしょう。

 

電話やメールといった通信手段を使うのは失礼に値しますし、短い期間だとしてもお世話になったことは紛れもない事実なので、面と向かってバイトを辞めたいことを告げなければならないのです。

 

相手を怒らせてしまっては、何かトラブルが発生してスムーズに辞められなくなるかもしれないので、誠実に理由を示して伝えるようにしてください。

 

大事なアルバイトが一人でも辞めてしまうことは、お店にとって大きな損失ですし、今まで働いてお金を貰っている以上、高校生でも大学生でも面と向かって伝えなければならないのです。

 

また、単純に辞めることを伝えれば良いというわけではなく、伝えるタイミングは重要な要素となっており、できる限り早めの方が良いかもしれません。

 

3ヶ月前や4ヶ月前に伝えても、店長が忘れてしまっている可能性が高いですし、自分の中での今後の予定が変わるかもしれないので、1ヶ月前くらいがベストだと説明できます。

 

バイトとして雇われている人間は、原則的にいつ辞めても良い規定となっておりますが、急に辞めてしまうと店側はその穴埋めをしなければならず、それにはある程度の期間が必要です。

 

急に辞めることを告げれば、後任が見つからない可能性が高いため、事前に店長といった責任者に伝えておくようにしてください。

 

 

 

 


「バイトを辞めたい方に関する疑問」のページ