バイトを辞めたいけど申し訳ないと思った時は?

 

 

バイトを辞めたいけど申し訳ないと思った時は?

バイトを辞めたい理由があるのにも関わらず、申し訳ないと思って辞められないと考えている方はいらっしゃるはずです。

 

確かに、今まで数年間に渡ってお世話になったバイトを辞めるのは気が引けるはずですし、店長や先輩が良い人ばかりであればこのように感じます。

 

しかし、申し訳ないと思っていても、自分がバイトを辞めたいと考えているのであれば、キッパリと伝えた方が良いのです。

 

「人手不足だから・・・」「社員の人が働き詰めで大変そうだから・・・」と心優しい人であれば考えるかもしれません。

 

それでも、バイトを辞めたいと思う理由を持っているのであれば、所詮は正社員ではなくアルバイトなので、自分の都合を優先させた方が良いと言えます。

 

「これからは学業に精を出したい」「数ヵ月後から内定先の企業で研修がある」という仕方ない状況でバイトを辞めなければならない方はいらっしゃるはずです。

 

にも関わらず、無理をして働いても自分のためにはなりませんし、バイトの店長さんもきっとあなたのことを理解してくれるのではないでしょうか。

 

申し訳ないと思っていても、アルバイト一人が企業のためにできることは限られておりますし、人手不足であれば何かしらの対策をするはずです。

 

タウンページで掲載して人員を補充したり、既に働いている人にシフトをお願いしたりと、これは店長の仕事だと説明できます。

 

つまり、人手不足についてあなたが深刻に考える必要はありませんし、辞めたいと思っているのであれば正直に伝えた方が良いのです。

 

申し訳ないからといってバックれるのは人間として最低の行為ですし、今までお世話になった人間に対して仇で返すのと一緒だと説明できます。

 

仮に、バイトを辞めるれっきとした理由がなくても、雇用主が従業員を縛り付けることは法律で禁じられているため、「辞めさせて下さい」と伝えれば何も問題はありません。

 

ブラック企業であればまだしも、普通のアルバイトの人に働き続けるように拘束するような人は絶対にいないはずです。

 

いつでも好きな時に辞めて、好きな時に働けるのがアルバイトのメリットなので、その利点を最大限に活かすのが良いのではないでしょうか。

 

以上のように、店長や上司に申し訳ないと思っていても、自分の都合を優先させるようにしてください。

 

特に、次の就職先が決まっている時は、早めに伝えなければ次の仕事と被ってしまうかもしれないので、意を決してズバっと伝えるべきです。

 

 

 

 


「バイトを辞めたい方に関する疑問」のページ