長年続けたバイトを辞めたい時は?

 

 

長年続けたバイトを辞めたい時はどうすれば良いの?

「長年続けたバイトを辞めたい時はどうすれば良いのだろうか?」という疑問を抱えている方はいます。

 

確かに、1ヶ月や2ヶ月といった短い期間で辞めるのならば、特に愛着は湧かないので何も考える必要はありません。

 

バイト先にとってもそこまで重要な人材ではないので、理由を聞くだけで引き止めるようなことはしないはずです。

 

その点、長年に渡って続けたベテランがバイトを辞めたいと切り出す場合、「承諾してくれないのではないか?」「辞めるまでに時間がかかるのではないか?」「このままずっとバイトを続けなければならないのでは?」という不安が浮かびます。

 

しかし、新人だろうがベテランだろうが、いつでも好きな時に入って辞められるのがバイトやフリーターの特権なので深く考えなくて良いでしょう。

 

長年に渡って続けている人の場合は、店長や上司から詳しく理由を聞かれる可能性が高くなります。

 

それでも、下記のような理由でバイトを辞めるのならば、快く送り出してくれるのが普通です。

 

 

・大学3年生になって就職活動を本気で始めなければならない

・大学を卒業して就職先で働かなければならない

・体調不良が悪化してバイトを続けるのが難しくなった

・遠くの土地へと引っ越さなければならなくなった

 

 

致し方ない理由ならば却下されることは100%なく、むしろ店長やオーナーがアルバイトを無理矢理続けさせるような権利はありません。

 

「○○○○が理由で辞めなければならなくなりました。今まで本当に感謝しています。」と正直に伝えるのがベストで、何も言わずに飛ぶのは論外です。

 

もちろん、ぶっ飛びに関しては長年続けたアルバイトだけではなく新人にも該当しますが、言いづらいからといって何も言わずに消えるのは社会人として不適切な行為となっています。

 

そのような考えで社会へ出ても確実に失敗するので、アルバイトをしている学生のうちからきちんと心得ておいた方が良いのではないでしょうか。

 

バイト先によって対応が異なるので一概には言えませんが、就活や就職など前向きな理由で辞めるのならば店長や上司は確実に応援してくれます。

 

長期間に渡って働いてバイト先に貢献しているからこそ、店長や上司から感謝の気持ちが告げられるはずです。

 

本人のライフプランの変化による退職でも、無理に引き止めようとするケースは少なく、個人の要望を聞いてくれると思います。

 

バイトを辞めるのは皆さんが想像している以上に難しいことではないので、正直に伝えなければならないと頭に入れておいてください。

 

 

 

 


「バイトを辞めたい方に関する疑問」のページ