バイトを辞めるのは逃げなの?

 

 

バイトを辞めるのは逃げなの?

今のバイトが合わないから辞めるというのは、決して逃げではありませんし、別の仕事をしたいと考えるのは当然のことをだと説明できます。

 

求人の募集にある程度の仕事内容が記載されていたとしても、実際の内容とは食い違っている部分があるはずですし、実際に行き始めてみなければ把握できないこともあるのです。

 

「想像以上に辛かった」「予想以上に働く時間が長かった」ということで、バイトを辞める決断を下す方はいらっしゃいます。

 

私たちアルバイトは、正社員と違って自分の好きな時に辞められますし、仕事を選ぶ権利があるということで、バイトを辞めるのは逃げではないのです。

 

自分がやりたくも何ともないバイトを続けるよりも、興味があって頑張りたいと思えるバイトを続けた方が、将来的にためになることは間違いありません。

 

嫌な仕事を続けていても、ストレスが溜まって精神的に辛いだけですし、若い年齢であればいくらでもバイトを選べるので、辞めるのを逃げと考えるのではなく、自分に合ったアルバイトを探すような努力をするべきです。

 

ただし、今のバイトが合わないから辞めるという行為を続けていると、逃げ癖がついてしまう可能性が強く、忍耐力の弱い人間となってしまいます。

 

どんなバイトでも多少は辛いことがありますし、その一つも乗り越えられないような人間は、社会に出たとしても直ぐに失敗してしまうのではないでしょうか。

 

アルバイトであれば、辞めて別の仕事を探すという繰り返しができたとしても、正社員の場合はそこまで上手く事が運ぶとは限らないのです。

 

一度入社した企業を直ぐに辞め、別の仕事を探すとなると、履歴書には傷がつきますし、「この人は直ぐに仕事を辞めているから根気がないのかな」と人事担当者は判断し、仕舞いには雇ってくれなくなってしまいます。

 

少しでも自分にとって嫌な事があり、直ぐに逃げてしまうような人間に未来はないですし、今の不況のご時勢を潜り抜けることはできないので、ある程度の忍耐力は身に付けておかなければなりません。

 

そもそも、アルバイトであっても、楽をして稼ごうという考えが甘いですし、働いてお金を稼ぐことは簡単ではないのです。

 

高校生だろうと大学生だろうと、アルバイトをしている以上、社会の一員のようなものですし、「未成年だから仕方がない」という考えは通用しないと心得ておいた方が良いでしょう。

 

もちろん、無理をして同じバイトをする必要性は全くありませんが、ある程度続ける努力はどの仕事でも試みるようにしてください。

 

 

 

 


「バイトを辞めたい方に関する疑問」のページ