最速でバイトを辞めるには?

 

 

最速でバイトを辞めるにはどうすれば良いの?

「最速でバイトを辞めるにはどうすれば良いの?」という疑問を抱えている方はいらっしゃいます。

 

確かに、3日や1週間という短い期間の場合、どんなアルバイトでも辞めることを切り出すのは辛いですし、気まずいという思いがあるはずです。

 

それでも、バイトを辞めたいという思いが強いのであれば、正直に伝えるのが筋というものですし、「自分には合わなかった」と店長に伝えれば分かってくれます。

 

そもそも、アルバイトは「○○日間は働き続けなければならない」という決まりはありませんし、契約期間が決まっていないのであれば、好きな時に辞められるのです。

 

つまり、1日や2日という短い期間で辞めることも可能となっており、2chで記載されていた最速の記録は2時間ということでした。

 

2時間というのはネタが多少は入っているかもしれませんが、働いて直ぐに自分とは合わないことが分かり、続けていく自信がないということで辞めることを伝えたのだと思います。

 

自分にとって何のメリットもないアルバイトを、長期間に渡って続ける意味はありませんし、ダラダラと続けていると余計に辞めにくくなるので、何事も早めに行動へと移した方が良いのです。

 

とは言え、最速でバイトを辞めたいのであれば、店長にそのことを告げるというよりも、ばっくれるという人の方が多いかもしれません。

 

家の連絡先などを教えていないのであれば、ばっくれたとしても問題はありませんし、仮に教えていても店長が直接家に足を運ぶというケースは非常に少なくなっております。

 

店長に電話やメールで辞めることを告げるにしても、短期間では気まずいという思いが先行するはずなので、ばっくれて無かったことにするのが最速の辞め方というわけです。

 

ただし、どのようなアルバイトを辞めるにしても、ばっくれるという方法だけは避けた方が良いですし、相手にも大きな迷惑が掛かってしまいます。

 

繁忙期であれば、一人のアルバイトがいなくなるだけでお店にとっては大打撃で、人手不足で悩んでいる店舗であれば尚更迷惑がかかるはずです。

 

入って間もないアルバイトであれば、戦力の一人として数えられていないので、突然辞めても問題はないかもしれませんが、一般常識的に考えれば良くないということはお分かり頂けるでしょう。

 

 

 

 


「バイトを辞めたい方に関する疑問」のページ