バイトを辞める方法

 

 

バイトを辞める方法について

正社員の方は仕事を辞める際、辞表を提出する必要がありますが、アルバイトの方が辞めるという場合は辞表は必要なく、雇用側に辞めさせる権限も原則的にはありません。

 

そのため、バイトを辞める方法は実に簡単で、店長やシフトマネージャーに伝えるだけとなっております。

 

シフトマネージャーは社員だとしても、お店の中で最も上の立場というわけではないので、店長に切り出すのが最も自然です。

 

「今のアルバイトを辞めさせてもらえるのだろうか?」と不安になる方はいらっしゃるものの、雇用側がアルバイトを拘束させるような権限は一切ないので、辞める方法は実に簡単だと言えます。

 

それでも、雇用者はせっかく面接まで行って雇ったアルバイトが、正当な理由もなく辞めることを嫌がるはずです。

 

どの程度育ててきたかによって異なるので、一概に説明することはできませんが、研修中の人間であればまだしも、ある程度一人前に育てたのであれば、その人がいなくなることで大きなダメージとなります。

 

人手不足のお店であれば、シフトに入れる一人の人間がいなくなることで、お店が回らなくなる可能性があるため、「もう少し働けないか?」と引き止めることが多いのです。

 

しかし、バイトを辞めなければならない正当な理由があるのならば、無理に続ける必要性は全くないので、きちんと店長に伝えた方が良いでしょう。

 

「お店が忙しそうだから」「人が足りないから」と情けをかけて働いていても、あなたにとってメリットは何もありませんし、所詮バイトなので、自分の都合で辞める時は辞めた方が良いのです。

 

言い方や切り出すタイミングによっても変わりますが、「これから受験勉強に打ち込まなければならなくなりました」「この場所から遠くに引っ越すことになりました」と申し訳なく伝える方法がベストで、優しい店長であればあなたの気持ちを分かってくれます。

 

何も言わずにバイトへと行かなくなるのは論外ですし、人間性を疑われることになるため、絶対に避けた方が良いかもしれません。

 

今直ぐにでもバイトを辞めたいということで、バックれる方は意外と多く、犯罪になるわけではないので、店長も仕方がないといって泣き寝入りしてしまいます。

 

とは言え、せっかく雇ってくれたお店に何も言わずに辞めるのは気が引けるはずですし、後味が悪くなるため、正直な話を店長に告げた方が良いというわけです。

 

もし、バイトを辞める口実が見つからないのであれば、「アトピーが原因で皿洗いができない」「親にバイトが見つかってしまった」というように、身体に関わる問題や親の忠告があるということを告げてみてください。

 

 

 

 


「バイトを辞める方法」に関するページ