メールでバイトを辞めたい

 

 

メールでバイトを辞めたいという方へ

店長の連絡先を知っている方で、メールを利用してバイトを辞めたいということを告げる方がいらっしゃいます。

 

現代では携帯電話だけではなく、LINEといった通信手段も出回っており、LINEやメールを使ってバイトを辞めたいと告げる非常識な方が多いのです。

 

メールに「もう辞めさせていただきます」「他にやりたい仕事ができました」と記載し、それから職場に来なくなるのは辞めた方が良いかもしれません。

 

アルバイトを辞める際の方法がしっかりと定められているわけではなく、職場によって大きく異なるケースがあります。

 

そして、「バックれるのではなくメールで伝えているからまだマシ」と考えるかもしれませんが、常識的に考えれば、店長に直接会ってバイトを辞めたいということを告げなければならないのです。

 

店長の立場になって考えてみると、メールで告げられるよりも、直接会って伝えられた方が納得できますし、なぜ続けていくことができないのか理由を尋ねることができます。

 

その理由の真意は本人しか分からないものの、「自分のやり方に何か問題があったのだろうか?」と考察できるはずです。

 

その点、メールで辞めることだけ告げられてしまうと、返信しても連絡が来ないケースの方が多いので、なぜバイトを辞めたいと思ったのか真相は闇に包まれてしまいます。

 

つまり、メールを使用するのはお互いに有耶無耶が残ってしまう辞め方なので、「切り出しにくい」「辞めることを伝えにくい」と感じていても、直接話すのが後味が悪くならない方法なのです。

 

少しでも上手にバイトを辞められれば、お互いにとってもメリットがあるので、どのように伝えれば良いのか考えてみましょう。

 

「勉強に専念しなければならない」「就職活動に精を出したい」という正当な理由があるのならば、メールよりも直接話した方が自分の気持ちを相手に伝えられますし、店長も惜しいけれど仕方がないと分かってくれます。

 

メールで正当な理由を長文に渡って書いたとしても、直接話し合うよりもイメージが悪くなるのは当然なので、便利な通信手段に頼らない方法でバイトを辞めなければならないのです。

 

「無断欠勤した以来、何も報告がない」「身内が退職の報告に来た」という辞め方をする非常識な人と比べれば、メールで辞めたいと告げるのはまだマシな方かもしれません。

 

それでも、メールや電話で告げる方法が許されるわけではないので、法律に違反することはないとしても、常識の持った人間を目指すようにしてください。

 

 

 

 


「バイトを辞める方法」に関するページ