円満にバイトを辞める

 

 

円満にバイトを辞めるには

「円満にバイトを辞めるにはどうすれば良いの?」という質問をされる方がいらっしゃいます。

 

確かに、大学生の方は特に、アルバイトをして辞める時が絶対に来るはずですし、フリーターという生き方を選択しない限りは、就職するためにバイトを辞めなければならないのです。

 

その伝え方次第では、楽しかった思い出が後味の悪いものになり、有耶無耶な感じが残ってしまうかもしれないので、円満にバイトを辞められるように工夫するのは大事だと説明できます。

 

まず、連絡も入れずに辞めるのは論外で、下手をすれば損害賠償を求められてしまうかもしれません。

 

家族やアルバイト仲間に任せて辞めることを告げるのも避けた方が良いですし、店長の目線に立って考えてみると、納得がいかないと感じるはずです。

 

このような辞め方は円満な方法だとは言えないですし、自分にとっても嫌な気持ちが残るかもしれないので、直接会って率直に伝えるのがマナーだと言えます。

 

アルバイトの場合は正社員とは異なり、辞表届のようなものは必要ありませんし、辞め方が明確に定められているケースも実に少ないでしょう。

 

それでも、急にアルバイトの人に辞められてしまっては、残りのシフト埋めなければならず、店長のお怒りを招くかもしれないので、最低でも1ヶ月前に伝えるべきです。

 

1ヶ月前にバイトを辞めることを伝えておけば、相手側への影響も最小限に抑えられますし、正当な理由であれば、「就職するなら仕方がない」「これからも頑張れ」といって快く受け入れてくれるので、円満にバイトを辞めることができます。

 

また、バイトを辞める際に伝える理由ですが、「就職しなければならない」「学業に専念しなければならない」というのであれば、正直に伝えた方が良いかもしれません。

 

しかし、「他にやってみたいアルバイトが見つかった」「今の職場の環境に不満がある」という理由だとしても、わざわざ店長に告げない方が良いです。

 

店長の機嫌が悪くなって円満に辞められないかもしれませんし、「職場環境を改善するから辞めないでくれ」と言われれば、ずるずると働き続けるはめになってしまいます。

 

後々に大きなトラブルに発展することも十分に考えられるので、「学業優先」「就職が決まった」という理由でバイトを辞めるのが円満な方法なのです。

 

もちろん、この2つが円満に解決できる言い方だとしても、嘘をつくのは良くありませんし、バレてしまったら余計に険悪になるかもしれないので、誠心誠意自分の思いを店長に告げるようにしてください。

 

 

 

 


「バイトを辞める方法」に関するページ