バイトを辞める時の言い訳

 

 

バイトを辞める時の言い訳について

バイトを辞める時の言い訳が分からないということで、悩んでいる方はいらっしゃいます。

 

何も言わずにバイトを辞めるのは、ハッキリと言って非常識ですし、気が引けるという方が多いはずなので、きちんと店長に伝えなければならないのです。

 

それでも、特に正当な理由が見つからないという場合は、辞める際の言い訳を考えるはずですし、穏便に済ませられるのであればその方法がベストだと言えます。

 

もちろん、言い訳を考えるのではなく、正当な理由があるのならばそれを告げるのが一番ですし、店長も仕方がないと言って快く承諾してくれるはずです。

 

「受験勉強に精を出せなければならない」「親に勉強しろと言われている」「就職活動を頑張りたい」という理由は正当ですし、無理に引き止められることはないでしょう。

 

そもそも、長期間働ける人材を募集していないのであれば、店長もアルバイトの子が長く働いてくれるとは思っていないですし、学生を雇うということはある程度の覚悟はできているはずです。

 

これは学生の目線に立った考えですが、勉強や就職といった問題がつきまとうことは長年に渡って店長をしている方であれば把握しているはずなので、きちんと理由を伝えれば穏便に済ませることができます。

 

また、仮に職場の雰囲気が悪く、自分に合わないからバイトを辞めたいという場合でも、本当のことを告げずに去った方が事を荒立てずに済むはずなので、下記のような言い訳をしてみてください。

 

 

「体調が悪く今の仕事を続けられないので辞めさせていただきます」

「親にアルバイトをしていることがバレてしまったので辞めさせてください」

「部活動の試合が近く、夜遅くまで練習しなければならないので辞めます」

「他にやりたいアルバイトが見つかったので今月一杯で辞めさせて頂きます」

「母親が怪我をして実家に戻らなければならなくなりました」

「旅に出ようと思っているので探さないでください」

「残り少ない学生の期間を満喫したいので辞めさせてください」

 

 

上記の言い訳は、2chで紹介されていたものをまとめており、半分冗談じみた回答もありますが、バイトを辞める言い訳としては十分なような気がします。

 

雇用主側も、アルバイトの子を引き止めるような権利はありませんし、無理矢理働かせることは違反なので、余程のことがなければスムーズに辞められるはずです。

 

ただし、どのような言い訳をするにしても、電話やメールで伝えるのは失礼なので、バイト先に行って直接店長と話し、最低でも2週間前には辞めることを告げてください。

 

 

 

 


「バイトを辞める方法」に関するページ