バイトを辞める時期

 

 

バイトを辞める時期について

「バイトを辞めるベストな時期はあるの?」という質問をする方がいらっしゃいます。

 

「○○○という時期はバイトを辞めやすい」と決まっているわけではありませんし、自分のタイミングを見計らって辞めるのがベストです。

 

所詮アルバイトはアルバイトですし、お店や店長のことを考えていてはいつまで経ってもずるずると働き続けなければならないかもしれないので、キッパリと告げた方が良いと説明できます。

 

嫌々働いていたとしても、あなたにとって何のメリットもありませんし、その態度が仕事中にあらわれていたら店長も従業員も良い気持ちにはなりません。

 

すんなりとバイトを辞めるのは、想像以上に難しいかもしれませんが、職場に縛られ続けることは基本的にないので、本当の理由を店長に告げれば良いわけです。

 

とは言え、バイトを辞めるまでに時間的な余裕が少しでもあるのならば、お店に迷惑をかけないという意味でも、辞める時期を考えた方が良いでしょう。

 

例えば、飲食店の場合、夏のお盆の時期や、12月のクリスマスシーズンや年末はかなり忙しくなることが予想され、繁忙期にいきなり辞めることを告げられたら迷惑をかけてしまいます。

 

人が手薄で辞めづらいでしょうし、仮にシフトが既に決まっている段階で告げられれば、また新たに組み直さなければならないため、店長の負担は大きくなってしまうはずです。

 

そのため、可能ならば繁忙期までは今のバイトで頑張って働き続け、3月や4月といった新学期など、次の人材を見つけやすいような時期に辞めることを告げれば、店長も快く承諾してくれます。

 

繁忙期が終わり、その後に1ヶ月前にバイトを辞めることを伝えれば、「今までありがとう」「今までお疲れ様」といって、大抵の店長さんであれば気持ち良く送ってくれるはずです。

 

逆に、繁忙期で忙しいことを理由に辞めてしまうと、店長の機嫌が悪くなってお店全体のイメージの悪化に繋がりますし、後味の悪い辞め方となってしまいます。

 

「もうこのバイトで働くことはないから自分には関係ない」と考える方がいらっしゃいますが、「立つ鳥跡を濁さず」ということわざの通り、なるべく穏便に済ませるようにしましょう。

 

また、仕事中の忙しい時間帯に辞めることを伝えるのは非常識なので、一通りの仕事が終わってお店が閉店し、他の従業員がいなくなった後に告げるべきです。

 

自分から言い出すのは意外と難しいですし、バイトを辞めること自体が気まずいかもしれないものの、働き続ける意志がないのであれば、早めに伝えた方がスッキリするかもしれません。

 

 

 

 


「バイトを辞める方法」に関するページ