LINE(ライン)でバイトを辞めたい

 

 

LINE(ライン)でバイトを辞めたいという方へ

近年ではバイトを辞める際の方法として、スマートフォンのLINE(ライン)を使用している方がいらっしゃいます。

 

確かに、バイトを辞めたいという旨を直接伝えるのはどうしても気まずいですし、「もうお店には行きたくない」「店長とは顔も合わせたくない」と考える人は多いはずです。

 

そんな時に役立つのがLINE(ライン)やメールで、今現在ではスマホをお持ちの方ならば誰でもこのアプリを使っているのではないでしょうか。

 

iPhoneやAndroidといったモバイル端末だけではなく、WindowsやMac OSといったパソコンでも利用でき、無料通話とメッセージ送信が行える便利なアプリです。

 

しかし、LINE(ライン)でバイトを辞めたいということを伝えるのは良くありませんし、きちんと自分の思いを店長に伝えなければなりません。

 

どんなに酷いバイト先だったとしても、今まで働かせてもらってお金を得ていたのは紛れもない事実です。

 

多少の恩はあるはずですし、社会人になってLINE(ライン)で会社を辞めるなんて方法は通用しないため、今後のためにも正しい手続きを行う練習が必要となります。

 

そもそも、LINE(ライン)を使ってバイトを辞めようと考える者がいるからこそ、「最近の若者は礼儀がなっていない」「最近のゆとり世代はどうしようもない」という意見が出回るのです。

 

頭ではいけないと分かっていても、LINE(ライン)を使ってバイトを辞めるという行動に移した時点で、「ゆとり世代は甘い」と思われても仕方がないでしょう。

 

常識を持った人ならば、「立つ鳥跡を濁さず」という精神で、どんなに遅くても2週間前には上司に辞めたいという旨を口頭で伝えます。

 

バイトを辞めたいと伝えるのが気まずいという気持ちは十分に分かるものの、正社員でなければ「一身上の都合で辞めさせて頂きます」と伝えるだけで問題ないのです。

 

店長やオーナーがアルバイトを店に拘束させる権利は一切ありませんし、私たちはいつでも好きな時に辞められます。

 

「もう少し長く働いてくれると思っていた」「人がいないから今辞められたら困る」というのはお店の都合ですし、一人のアルバイトが考えることではないのです。

 

このように聞けばLINE(ライン)を使うのではなく、「きちんと口頭で店長に伝えよう」と考えてくれるかもしれません。

 

「バイトだからどうでも良い」という考え方をするのではなく、今は学生でもいずれは社会人になるはずなので、常識を持った人間になれるように努力してください。

 

 

 

 


「バイトを辞める方法」に関するページ