バイトを辞める時のルール

 

 

バイトを辞める時のルールについて

バイトを辞める時はある程度のルールが決まっており、絶対に守らなければならないというわけではありませんが、最低限の常識は人間として持っておく必要があります。

 

正社員とは異なり、アルバイトの場合は突然無断欠勤して辞めたとしても、店長から連絡が来ないことも十分にあり得るのです。

 

「損をせずに辞められたからラッキー」と考える方はいらっしゃるものの、これは確実に非常識ですし、急に従業員がいなくなったお店の立場に立って考えると、何かしらの迷惑がかかっております。

 

一人のアルバイトがいなくなっただけで経営できないようなお店はほとんどありませんが、事を荒立てずに辞めるのが一番なので、最低限のルールは把握しておかなければなりません。

 

そのルールとしては、1ヶ月前にバイトを辞める旨を店長に申告するということで、辞める人の代わりとなる人材をお店が探すためです。

 

既にシフトが出来上がっているのにも関わらず、「今日いっぱいで辞めさせて頂きます」と告げられたら、そのシフトの補充をしなければなりませんし、代わりの人材がいなかったら他の従業員の負担が増えます。

 

バイトを辞めるのであれば、できる限り早めに伝えた方が良いですし、1ヶ月前ではなくとも、最低でも次のシフトが出来上がる前に店長に告げておくのが暗黙のルールというわけです。

 

突然辞める際に、一身上の都合が通るわけがありませんし、無断欠勤をしたその日からいなくなった場合、損害賠償を求められることも十分にあり得るでしょう。

 

実際に、お店に迷惑をかけて裁判沙汰になったというケースもあるため、1ヶ月前に「今までお世話になりました」と感謝の気持ちを伝えるのが良いですし、契約時に期間の定めがあれば、その最低限のことを守るのはルールの一つです。

 

「一身上の都合で辞めさせて頂きます」と言えば、詳しい理由を聞かれないかもしれませんし、問い質されたら「学業に専念したい」「家の都合で辞めなければならない」という理由を告げます。

 

「給料が安い」「別のアルバイトをしてみたい」という理由ですと、引き止められる材料になるかもしれないので、今のバイトを続ける気持ちが全くないのであれば、辞めることをキッパリと伝えるべきです。

 

また、勤務している時に制服や帽子など、貸与されている物があれば、辞める時に返還するのもバイトを辞めるルールの一つとなっております。

 

返還を怠ることで、損害賠償を請求されることもあり、貸与されている物は私物とは異なるので、きちんと返すようにしてください。

 

 

 

 


「バイトを辞める方法」に関するページ