バイトを辞める時のセリフ

 

 

バイトを辞める時のセリフについて

バイトを辞める時のセリフが分からないということで、悩んでいる方はいらっしゃいます。

 

確かに、長年に渡って続けてきたアルバイトであれば、辞める際に躊躇してしまうケースは多いはずですし、「申し訳ない」という気持ちもあるはずです。

 

しかし、何かしらの都合がある場合は辞めるという選択肢を取らなければなりませんし、大学生の方でフリーターにならないのであれば、いつまでもバイトを続けるわけにはいきません。

 

そのため、店長に辞めることをしっかりと伝えなければなりませんし、その時のセリフをきちんと考える必要があります。

 

とは言え、バイトを辞める上でそこまで神経質になる必要はありませんし、雇用主側が拘束する権利も持ち合わせていないので、「一身上の都合で辞めさせて頂きます」というセリフで十分なのです。

 

もし、バイトを辞める詳しい理由を聞かれたら、「学業に専念しなければならなくなった」「親の介護をしなければならなくなった」というように正直に答えます。

 

グダグダと伝えるよりも、キッパリと働く意志がないことを伝えれば理解してくれるはずですし、辞めさせてくれないということは絶対にないでしょう。

 

ただし、契約期間が事前に決まっており、契約書にサインをしてしまった場合は、原則的にその期間までは辞めることができず、働き続ける必要性があります。

 

「バイトをばっくれる」という最終的な手段はありますが、人間性を疑われることは間違いありませんし、アルバイトの世界では通用したとしても、社会に出たらそんな甘えは通用しないので、できる限り避けるべきです。

 

例えば飲食店の場合、バイトを辞めたとしてもお客さんとしてまた訪れるかもしれないですし、ばっくれるような辞め方をしてしまうと二度とそのお店に足を運ぶことはできません。

 

自分にとっても後味の悪い辞め方になるのは間違いないので、店長に本当のことを話して辞めさせてもらうのが一番というわけです。

 

フリーターの方は縛られるものが少ないので、辞める時のセリフが難しいものの、大学生の方であれば「単位を取るために勉強をしたい」「将来のために就職活動に専念したい」という理由で十分だと言えます。

 

店長も大学生の方が長期間に渡って働いてくれないことくらいは分かっているはずですし、大学3年になって就職活動が始まることくらいは把握しているはずです。

 

以上のように、辞める時のセリフを考えていてもキリがないので、1ヶ月前くらいにはキッパリと店長に伝えるようにしてください。

 

 

 

 


「バイトを辞める方法」に関するページ