バイトを辞めたい時の言い方

 

 

バイトを辞めたい時の言い方について

バイトを辞めたい時に、店長といった責任者にどのような言い方をすれば良いのか分からないということで、悩んでいる方はいらっしゃいます。

 

確かに、なるべくカドが立つような言い方はしたくないはずですし、後味が悪くならないようにしたいと考えるのは普通です。

 

とは言え、バイトを辞めたい時はそこまで神経質になる必要はないですし、率直な理由を誠心誠意を持って伝えるのがベストだと説明できます。

 

嘘を重ねたところで、バイトを辞めるのであれば後のことは関係ありませんし、店長が辞めさせてくれないということは絶対にないので、気軽に考えた方が良いかもしれません。

 

学生であれば、「試験勉強でバイトをしている時間がない」「部活動に精を出したい」という言い方がベストですし、フリーターの方であれば「資格の勉強を始めたい」「親戚の仕事を手伝わなければならない」という告げ方で十分となっております。

 

このような明確な理由があれば、多くのバイトの店長であれば承諾してくれるはずですし、「今まで頑張って働いてくれてありがとう」と快く送り出してくれるはずです。

 

「職場の人間関係が気に入らない」「店長と馬が合わない」というのが本当の辞めたい理由だったとしても、それを率直に告げるとカドが立つ恐れがあるので、できる限り伏せておいた方が良いでしょう。

 

「自分が感じている本当のことをなぜ告げてはいけないの?」という疑問を持つかもしれませんが、店長に文句を言ったとしても何かが解決するわけではなく、自分にとって何もメリットはないのです。

 

そのため、本当の理由を告げるのはできる限り避け、「一身上の都合で辞めなければならない」ということを伝えるのが大人な対応だと説明できます。

 

また、バイトを辞めたい時の言い方に気を配るだけではなく、切り出すタイミングにも注意しなければならず、お店にとっても直前に言われると困ってしまうはずです。

 

いくらバイトには直ぐに辞められる権利があったとしても、「今日で辞めます。さようなら。」というのはあまりにも非常識過ぎるので、最低でも2週間前には実際に会って伝えた方が良いかもしれません。

 

電話やメールといった通信手段を利用して辞めることを伝えるのではなく、今までの感謝の気持ちを込めて、直接会って話すのが暗黙の了解です。

 

仮に、どのような言い方をしても、却下されて働き続けなければならない心配はないので、言い方についてあれこれと思考するのではなく、気軽に考えるようにしてください。

 

 

 

 


「バイトを辞めたい時の言い方」に関するページ