バイトを辞める時の挨拶

 

 

バイトを辞める時の挨拶について

バイトを辞める当日になったら、お世話になった人たちに挨拶をするのが最低限のマナーとなっております。

 

どのような経緯でバイトを辞めることになったとしても、店長や同僚にお世話になったことは紛れもない事実です。

 

お菓子をバイト先のみんなに持っていったりと、気を使いすぎる必要はありませんが、出勤している一人ひとりに挨拶をするのは当然だと説明できます。

 

先輩でも後輩でも、今まで一緒に働いてきたかけがえのない仲間なので、「今までありがとう、これからも頑張れよ」「○○さんには本当にお世話になりました」と挨拶をすれば、職場の雰囲気は良くなるはずです。

 

もちろん、最後には店長といった一番上の責任者に対して挨拶をしなければならず、感謝の気持ちをあらわすのがベストだと言えるでしょう。

 

たとえ、店長のことがあまり好きではなかったとしても、仕事を教えてもらったり、シフトの変更を聞いてもらったりしたはずなので、バイトを辞める時は大人な対応をする必要があります。

 

「どうせ二度と顔を合わせないから最後に文句を言いたい」と考えている方はいらっしゃるかもしれませんが、捨て台詞を吐いたところであなたには何のメリットもないのです。

 

その瞬間はスッキリとした気持ちになっても、後々になって虚しい気分になるかもしれないので、後味の悪いバイトの辞め方はできる限り避けた方が良いかもしれません。

 

また、ダラダラと挨拶をしていても、相手の方は面倒になってしまうかもしれないので、バイトを辞める最後の挨拶は簡潔明朗を心掛けるべきです。

 

もちろん、最後の日に店長にバイトを辞めるということを伝えるのはマナー違反なので、最低でも2週間前には伝えた方が良いでしょう。

 

個人的に、理想を言えば1ヶ月前にバイトを辞めることについて告げるのがベストで、その後の引き継ぎやシフト作りなどがスムーズに行われやすくなります。

 

いきなり辞めることを従業員に告げられたら、ほとんどの店長は戸惑ってしまうはずですし、「何でもっと前に言ってくれなかったの?」と疑問を抱くはずです。

 

直前に伝えたとしても、私たちアルバイトの人間は辞める権限がありますが、迷惑がかかる辞め方をしては失礼なので、どんなに遅くても2週間前には伝えるようにしてください。

 

高校生の方であれば、受験勉強に専念しなければならなかったり、大学生の場合は就職活動が待っていたりと、長年店長をしてきた人であれば大よその察しをしているはずなので、辞められないことは絶対にないです。

 

 

 

 


「バイトを辞めたい時の言い方」に関するページ