バイトを辞めたいけど気まずい

 

 

バイトを辞めたいけど気まずいという方へ

バイトを辞めたいけれど、それを店長に告げるのが気まずいということで、悩んでいる方はいらっしゃいます。

 

確かに、今まで何年間もお世話になったバイトであれば、かなりの愛着があるはずですし、楽しく働かせてもらったのであれば、辞めたいけれど気まずいという気持ちは十分に分かるのです。

 

それでも、今の自分にはバイトを辞めるのが最善だと感じているのであれば、気まずいとしても辞めるのがベストですし、ズルズルと働いていても良いことは一切ありません。

 

やる気のない状態で働かれたとしても、店長や他の従業員にとっても迷惑ですし、自分の気持ちを正直に伝えなければならないのです。

 

バイトを辞めたからといって、店長や他の従業員と会えなくなるわけではありませんし、これからもプライベートで付き合うことは十分に可能となっております。

 

「学業に専念しなければならない」「親戚の仕事を手伝わなければならない」という明確な理由があるのならば、気まずいという気持ちを押し殺して、バイトを辞めたいということと、今までお世話になったことを誠心誠意を持って告げるべきです。

 

逆に、アルバイトをして働き始めてあまり期間が経過していないのにも関わらず、仕事内容がきつかったり、人間関係が上手くいかなかったりという理由で辞めたいという方は、気まずいと感じるでしょう。

 

数週間程度しか働いていないのに辞めることを告げれば、誰でも不信感は抱くはずですし、気が引けるという気持ちも十分に分かります。

 

しかし、今のバイトを続けることでメリットがないのならば、辞めるという選択肢を取るのが正解ですし、嫌々働いていてもストレスが増幅するだけです。

 

アルバイトは、いつでも自分のタイミングで辞められるという利点があるので、ナアナアな気持ちで働き続けるよりも、「自分には今の仕事が合いませんでした」とキッパリと伝える方がスッキリとします。

 

ただし、いつでも辞められると言っても、当日に告げるのはマナー違反ですし、お店側にとっても困るはずなので、できる限り2週間前には辞めることを責任者に伝えておくべきです。

 

バイトを辞める期間があまりにも短い場合、店長に伝えてから実際に辞めるその日までは気まずい思いをするかもしれませんが、このくらいの苦痛は覚悟しておかなければなりません。

 

社会人になって正社員になれば、アルバイトで感じること以上の辛さが待っているはずなので、忍耐力を身に付ける努力は今のうちにしておいてください。

 

 

 

 


「バイトを辞めたい時の言い方」に関するページ