家庭の事情でバイトを辞めたい

 

 

家庭の事情でバイトを辞めたいという方へ

家庭の事情でバイトを辞めたいと考える方は多く、これは致し方ないことだと説明できます。

 

「祖父母の介護をしなければならなくなった」「親が怪我をしたから傍にいてあげたい」という家庭の事情は、言わば不慮の事故のようなものです。

 

「大学を卒業する時期までは働きたい」「2年間くらいは働きたい」とバイト先の店長に告げていたとしても、いつ誰が病気になったり怪我をしたりするかは絶対に分かりません。

 

心優しいバイトの店長さんであれば、家庭の事情でバイトを辞めたいという旨をしっかりと伝えれば、強引に働かせようとは絶対にしないはずです。

 

契約書に働く期間に関してのサインをしているのであればまだしも、従業員を縛り付ける義務を店長が持っているはずがないので、個人の自由で辞めることは十分にできます。

 

もちろん、その家庭の事情が真実かどうかは、その人の判断に任せるのが普通ですし、店長やオーナーがその真意を確かめるために直々に家に足を運ぶということはないはずです。

 

今まで一生懸命な姿勢で働き、バイト先に貢献してきたという方であれば、家庭の事情で辞めたいことを伝えれば信じてくれます。

 

それに、親の怪我で一定期間に渡って介護をしなければならない場合、その怪我が完治すれば今まで通りに働けるかもしれないので、数ヵ月後に戻ってこれるかどうか確認してみた方が良いでしょう。

 

正社員の場合は、親の介護をしている間ずっと有給を使うのは難しいものの、バイトであれば自分の希望のシフトを店長やシフトマネージャーに伝えるという形が通常なので、一定期間だけシフトを外してもらうことはできるはずです。

 

「また働けるようになったら戻っておいで」と優しい言葉をかけてくれるかもしれないので、「何も言わずに消え去ろう」と考えるのではなく、バイトを一時的に辞めたいということをしっかりと伝えた方が良いかもしれません。

 

ばっくれるような辞め方をすれば後味が悪いはずですし、当人も心が有耶無耶になってしまうので、バイトを辞める際もお互いに気持ちの良い方法がベストだと言えます。

 

また、「嘘も方便」ということわざがある通り、バイト先の雰囲気や人間関係が劣悪な環境だからバイトを辞めたいという場合、それを正直に伝えるのではなく、家庭の事情で辞めなければならないとするのも選択肢の一つです。

 

正直者の方は嘘をつくことに対して何かしらの懸念があるかもしれませんが、家庭の事情でバイトを辞めるのは実に穏便な方法ですし、後々にトラブルが引き起こされにくいので、嘘を上手く使い分けるようにしてください。

 

 

 

 


「家庭の事情でバイトを辞めたい」に関するページ