部活があるからバイトを辞めたい

 

 

部活があるからバイトを辞めたいという方へ

部活に励みたいということで、バイトを辞めたいと考えている方はいらっしゃいます。

 

部活の活動日数にもよって異なるので一概には説明することができませんが、部活を続けながらバイトまでこなすというのは学生にしては少々困難です。

 

部活を優先すればアルバイトは1週間に1回程度しかいけず、お小遣いにもならない金額しか稼げないですし、逆にアルバイトを優先すれば部活に顔を出せない日々は続きます。

 

このような方は、どちらを優先するのかきちんと考えなければならず、自分が打ち込みたいと思う方を取るのがベストな選択だと言えるかもしれません。

 

「二兎追うものは一兎も得ず」ということわざの通り、学生の方が部活とバイトを両立させるのは難しいですし、どちらも疎かになってしまっては全く意味がないのです。

 

ごく普通のバイト先であれば、「これからは部活に打ち込みたいから辞めさせて頂きます」と、バイトを辞めたいという意志をしっかりと伝えれば快く受け入れてくれます。

 

そもそも、雇用主は従業員を拘束することは禁じられておりますし、部活でバイトを辞めるのは正当な理由なので、それを食い止めるような権限は店長にはないのです。

 

何も言わずにバイトを辞めると、お互いに後味が悪くなってしまうはずなので、部活でバイトを辞めたい旨を店長にしっかりと伝えるようにしてください。


部活を辞めてバイトをしたいという方へ

学生で今の部活を辞めてバイトに専念したいという方は多く、親から貰えるお小遣いが少なく、遊ぶお金が欲しいと考えるのは誰でも一緒です。

 

部活を辞めてコンビニや飲食店など、好きなバイトに打ち込むのは一つの選択肢ですが、どちらにしても後悔しないように自分が進む道を考えなければなりません。

 

高校生の場合、部活に打ち込めるのはこの時期だけですし、大学の部活とは少々違った感覚となります。

 

バイトをして遊ぶお金を稼ぎたいのであれば、今の部活を辞めるのは良いですし、両立させて両方とも疎かにするよりかは圧倒的にマシです。

 

とは言え、高校は部活をしていなければつまらないと感じることが多いはずですし、同年代の友人との人間関係を深めるのであれば、何かしらの部活動を行った方が良いでしょう。

 

もちろん、部活とバイトを両立させている高校生の方はいらっしゃいますし、部活がない日や休日にバイトをしていれば、多少は時間に迫られて辛いとしても続けていくことはできるはずです。

 

ただし、高校と家とバイト先の3つが近くなければ両立させることは難しいので、どこでバイトするのか事前に考えておく必要があります。

 

 

 

 


「家庭の事情でバイトを辞めたい」に関するページ
部活があるからバイトを辞めたい
就職でバイトを辞めたい
結婚でバイトを辞めたい