バイトを辞める年齢

 

 

バイトを辞める年齢について

バイトを辞める年齢は特に決まっておりませんし、高校生で大学受験を控えている未成年が辞める場合があれば、40代のフリーターが辞めることもあります。

 

どの年齢の方でも、バイトを辞める際に弊害があるわけではありませんし、常識を持った範囲内であれば直ぐに辞められるはずです。

 

ゆとり世代の方は、自分にとって嫌なことがあると直ぐに投げ出し、バイトをばっくれることがあるかもしれません。

 

しかし、アルバイトでは通用しても、社会に出たらそんなわがままは通用しないので、言いづらいとしても最低でも1ヶ月前には店長に相談する必要があります。

 

「学業に専念したいので今月いっぱいで辞めさせて頂きます。今まで本当にお世話になりました」と伝えれば、普通の店長であれば承諾してくれるはずですし、大きなトラブルに発展することはないはずです。

 

何も言わずに辞めた場合、お互いに後味が悪くなってしまいますし、損害賠償が発生したというケースも少なからずあるため、無断で辞めるのは絶対に避けた方が良いでしょう。

 

これはどの年齢の方にも同じように言えることで、まだ社会に出ていない高校生でも一緒です。

 

30代や40代の年齢の方が、無断欠勤をしてバイトをばっくれるのは論外ですが、高校生であってもバイト先は学校や家とは大きく異なり、社会の一つだと説明できるので、それなりの常識を把握しておく必要があります。

 

少し考えれば、何も言わずにバイトを辞めるのがどれだけ非常識なことなのか分かるはずなので、これから先の人生のためにも、正しい方法で辞めなければならないのです。

 

また、ある程度年齢を重ねた方で、今後もフリーターとして生活を送っていくのであれば、今のバイトを軽々しく辞めない方が良いかもしれません。

 

高校生や大学生といった若い人であれば、探せばいくらでもバイトは見つかるはずですし、「今よりも条件の良いところで働きたい」という願いは叶います。

 

その点、年齢を重ねれば重ねるほど、新しいバイトが見つからないかもしれないですし、「20代までしか募集していない」という職場も少なからずあるはずです。

 

今のアルバイトを辞めて、次の働き先が見つからない場合、貯金を食い潰す生活に陥ってしまうはずなので、続けられるのであれば我慢して働いた方が良いでしょう。

 

「今の仕事は辛いから辞めたい」「労働時間の割には給料が少ない」という贅沢を言えない年齢だということを、きちんと把握しておいてください。

 

 

 

 


「バイトを辞める年齢」に関するページ