バイトを辞めたいフリーター

 

 

バイトを辞めたいフリーターの方へ

「新しい仕事が見つかった」「今の仕事内容がきつい」ということで、バイトを辞めたいと考えているフリーターの方はいらっしゃいます。

 

しかし、フリーターの方は学生と比べるとバイトを辞める理由が少ないので、場合によっては引き止められる可能性があるのです。

 

学生さんであれば、「試験勉強が忙しくなる」「就職活動がこれから始まる」「新しく社会人になる」ということで、直ぐに辞めることができます。

 

その点、フリーターの方は、「学業に時間を費やす」という学生の最強の言い訳が使えないので、店長に言い出しにくいと考えてしまうのです。

 

お世話になったバイト先であれば辞めにくいはずですし、尚且つそのお店が人手不足であれば、「自分が辞めたらお店が回らないかも」と、優しい人は考えるかもしれません。

 

それでも、学生だろうがフリーターだろうが、所詮アルバイトはアルバイトなので、お店の都合を考える必要はなく、自分のことを最優先にした方が良いのです。

 

お店や店長のことを考えすぎていては、いつまで経っても辞められず、前に進むことができないと頭に入れておく必要があります。

 

フリーターの方でも、雇用主に拘束され続ける義務は全くないので、「一身上の都合で辞めさせて頂きます」と押し切ってしまった方が良いのです。

 

それに、フリーターの方でもいつまでもアルバイトで生計を立てるわけではなく、就職活動を行って中途採用され、正社員になれるに越したことはないでしょう。

 

バイトの時間に費やしすぎてろくに就職活動ができなければ全く意味がないので、正直に自分の進む道しるべについて店長に告げれば、どんな性格の人でも理解してくれるはずです。

 

これはフリーターの人に限った話ではないものの、いくらバイトを辞めたいと言っても、何も言わずに消えるような真似は絶対にしないでください。

 

突然いなくなればお店は困りますし、ばっくれるような辞め方は非常識なので、事前に店長に辞めることを伝えなければならないのです。

 

辞めたいことを伝えるのはそこまで難しいわけではありませんし、フリーターの方が同じアルバイトに拘束され続けるのもおかしな話なので、断固拒否する姿勢が最も大事だと説明できます。

 

今の職場で働く意欲がないまま仕事をしていても、効率が悪くなってお店にとっても迷惑ですし、お互いに全くメリットはありません。

 

とは言え、辞める前日に言われても迷惑極まりないので、最低でも14日前、できるならば1ヶ月前には辞めることを告げておくべきです。

 

 

 

 


「バイトを辞める年齢」に関するページ
バイトを辞めたい主婦
バイトを辞めたい学生
バイトを辞めたいフリーター