バイトを辞めたい主婦

 

 

バイトを辞めたい主婦の方へ

少しでも家計を助けるために、アルバイトやパートを行っている主婦は多く、現代の不況の煽りを受けて、以前よりも新しいバイトを始めている主婦の方は多いようです。

 

しかし、仕事内容が辛かったり、自分の希望のシフトに入れなかったりということで、短期間で辞めたいと考える主婦の方もいらっしゃいます。

 

今のバイトを続けていく意欲がなく、辞めたいと思っているのであれば主婦に関わらず、自分の気持ちをキッパリと店長に伝えるべきです。

 

学生とは違って大人なのですから、何も言わずに辞めるのは非常識極まりないですし、お互いに後味が悪くなってしまうので、本当のことを告げる必要があります。

 

1ヶ月しか働いていないのにも関わらず、辞めたいということを告げると、自分のことを理由にしても信じてもらえないはずなので、夫の転勤といった嘘を言うのが良いかもしれません。

 

ばっくれるよりかは、多少の嘘をついてでも辞めた方が良いですし、「仕事が辛い」「職場の雰囲気が悪い」と正直に話すのが嫌なのであれば、他人を巻き込むしかないというわけです。

 

これは主婦に限った話ではありませんが、バイトを辞める場合も一般的な常識は大事なので、急に辞めるのではなく、1ヶ月前にはきちんと理由を伝えて働く意志がないということを告げるのがベストだと言えます。

 

バイトやパートに費やす時間が増え、家のことが疎かになって夫と喧嘩をし、離婚に至るというケースも十分にあるので、有耶無耶な気持ちで働き続けない方が良いでしょう。

 

嫌々働いていてもストレスが溜まるはずですし、雇用側も不満を垂らしながら仕事をしている人間よりも、意欲を持って働いてくれる人間を雇いたいと思うはずです。

 

バイトを辞めたいということを早めに店長に告げなければ、ずるずると働き続けることになるかもしれないですし、お互いにとってメリットは何もありません。

 

働いた期間が短ければ短いほど、バイトを辞めたいということを告げにくいかもしれませんが、主婦であれば大人な対応をしなければならないのです。

 

また、働き始めて早々にバイトを辞めるような結果を避けるために、少しでも長く続けられそうなバイトを主婦の方は選ぶ必要があります。

 

自分が求める全ての条件を兼ね備えたバイトは少ないものの、「家から近い」「シフトの変更が自由」「短時間の勤務でも可能」「未経験者でも働ける」という条件のバイトやパートが主婦の方から人気を得ているようです。

 

どのような仕事を始めるにしても、自分だけの問題ではないので、旦那さんと話し合って決めるようにしてください。

 

 

 

 


「バイトを辞める年齢」に関するページ