バイトを辞めたい理由

 

 

バイトを辞めたい理由について

バイトを辞めたいと考える理由は個人によって異なり、十人十色だと説明できます。

 

現在では様々な業種のバイトがあり、仕事内容や給料には大きな違いが生じており、たくさんの問題が発生するからこそバイトを辞めたいと考えてしまうのです。

 

そこで、このページでは、どのような理由でバイトを辞めたいと考えてしまうのか詳しく説明しているので、是非参照してみてください。


人間関係が上手くいかない

バイトを辞めたい理由として最も多いのが、人間関係が上手くいかないということで、上司や同僚と上手に付き合っていなかればなりません。

 

バイト先には、頭がおかしい人や傲慢な先輩など色々な人がおり、仕事を続けていくにはそのような人とも付き合っていかなければならないのです。

 

バイトに限らず、学校に通ったり正社員になったりする場合でも同じことが言えますが、強制的に働き続けなければならない理由はないと説明できます。

 

もし、バイト先で孤立してしまったのであれば、もっと自分と馴染めそうな人が働いている職場を探すのは一つの選択肢ですし、探せばいくらでも仕事はあるのです。

 

人間関係が上手くいかないような環境で働き続けたとしても、給料が高くてもかなりの負担になるはずですし、ストレスが溜まってうつ病を患うという方もいらっしゃいます。

 

このような取り返しのつかない状態になる前に今のバイトを辞めて、新しい職場を探そうと努力をするのは一つの選択肢なのです。

 

しかし、正社員になれば自分の一時の感情で辞めることはできないですし、多少は自分と合わない人間がいたとしても、我慢して続けなければならない場合があります。

 

その練習という意味では、多少自分にとって辛い出来事があったとしても、どんな人とでも馴染める努力を現在のバイト先で行った方が良いのではないでしょうか。


家庭の事情

家庭の事情でバイトを辞めたいという方は多く、これは最も正当な理由だと説明できます。

 

「親の介護をしなければならない」「親に勉強に専念しろと言われた」という理由であれば、ごく普通のバイトであれば快く受け入れてくれるはずです。

 

仮に、この家庭の事情が本当かどうかはその人の判断に任せるのが普通ですし、店長やオーナーが自宅まで足を運んで真意を確かめるということは絶対にありません。

 

他にも、子供の面倒を見なければならないといった理由もあり、どのような理由だとしても企業側が家庭の事情に首を突っ込むことはできないため、受け入れてもらえる確率はかなり高いというわけです。


体調的に続けるのが難しい

体調不良や病気で今の仕事を続けるのが難しいという理由も正当で、バイトを辞める理由として多くなっております。

 

「店長に怪しまれるかもしれないから心配」という方はいらっしゃいますが、無断欠勤をして急にいなくなるよりかは遥かにマシです。

 

予告として体調不良が続いているという旨を伝えていれば、企業側も無理にその人を働かせるということは絶対にありませんし、どのくらいの体調不良なのかは自分にしか分からないので、この理由も受け入れてもらえる確率は高くなります。

 

自律神経失調症などで、吐き気や倦怠感といった症状が常に引き起こされているのにも関わらず、バイトを続けるのは少々無理がありますし、逆にバイト先に迷惑がかかることの方が多いのです。

 

そのため、働き続けるのが難しいのであれば、正直に伝えるのがベストですし、「体調が良くなったらまた戻っておいで」と優しい声をかけてくれる店長も多いのではないでしょうか。


勤務条件が合わなくなった

上記のバイトを辞めたい理由と比べると、「勤務条件が合わなくなった」という理由は、少々言いにくいかもしれません。

 

それでも、言い方を変えれば問題なくバイトを辞められるはずですし、「夜勤の仕事を探さなければならなくなりました」というのは、バイトを辞める正当な理由なのです。

 

それに、「出費が増えてもっと給料の高いアルバイトを探さなければならなくなった」というのも正当な理由なので、納得して辞めさせてくれる可能性は高いと言えます。

 

24時間体制のアルバイトの場合、今までは早番で働いていたとしても、店長が「遅番に変えてみたらどう?」と気遣ってくれるかもしれません。

 

今のバイト先で働き続けたいという気持ちが強く、時間帯だけに問題が生じているのであれば、シフトの変更を相談するのは一つの選択肢です。

 

 

 

 


「バイトを辞めたい理由」に関するページ