合わないからバイトを辞めたい

 

 

合わないからバイトを辞めたいという方へ

自分に合わないからバイトを辞めたいと考える方はいらっしゃいます。

 

確かに、アルバイト先では何も知らない状態で仕事をしていかなければなりませんし、自分と同年代の人だけではなく、年上や年下など様々な年代の方が働いているのです。

 

このような同僚と上手く人間関係を築いていかなければなりませんし、店長の性格はバイト先によって異なるため、自分に合わないからバイトを辞めたいと考えるのは、そこまで不思議ではありません。

 

合わないからバイトを辞めるというのは決して逃げではありませんし、私たち従業員は職種を選ぶ権利があるので、正しい方法で辞めれば特に問題はないと説明できます。

 

「上司が怖い」「仕事が辛い」「もう職場へと行きたくない」ということで、何も連絡をせずにバイトを辞めてしまうのは少々非常識です。

 

アルバイトであればまだしも、正社員となればこのような自分勝手な行動が通用するはずがないので、バイトを辞めたいのであれば店長やオーナーに直々に伝える必要があります。

 

こういった最低限の常識を守っていれば、一つのバイトだけに固執する必要性は全くないので、自分に合わないと感じたら辞めてしまっても構わないというわけです。

 

さすがに、1日や2日で辞めるとなると、言いづらいと感じてしまうかもしれませんが、バイト先を選ぶ権利が私たちにあるので、色々な職種にチャレンジして自分に合ったバイトを見つけるのは一つの選択肢だと言えるでしょう。

 

しかし、「店長にぐちぐちと言われた」「仕事の教え方が厳しい」というだけで、「自分にこの仕事は合わない」と言って、バイトを辞めたいと考える方がいらっしゃいます。

 

今まで働いたことがないという学生さんは、このような気持ちに陥ってしまうかもしれませんが、お金をもらうことがどれだけ大変なことかきちんと心得ておくべきです。

 

人に仕事を教えてもらうのは大変なことで、いくら優しそうな店長や先輩だったとしても、教える側も人間なのでイライラしたりきつい言い方になってしまう場合があります。

 

仕事を教わっているあなたが誠心誠意を見せているのであればまだしも、メモを取らなかったり、同じミスを繰り返したりしていれば、周りがどんどんきつい言い方になるのは当然です。

 

自分にやる気がないのにも関わらず、合わないからバイトを辞めるようなことを繰り返していても、自分にピッタリのアルバイトを見つけることはできません。

 

どんな職種でも、ある程度は自分を押し殺さなければなりませんし、成長していくための一歩だと考えて、一つのアルバイトを続ける努力もしていかなければならないのです。

 

 

 

 


「バイトを辞めたい理由」に関するページ