勉強でバイトを辞めたい

 

 

勉強でバイトを辞めたいという方へ

受験勉強や資格勉強のためにバイトを辞めたいという方は多く、これはかなり正当な理由だと言えます。

 

バイトを続けながら資格の勉強を行うのは大変なことですし、大学受験が間近に迫っているのであれば、バイトで遊ぶお金を稼ぐ暇なんてないはずですし、直ぐにでも追い込みをかけなければなりません。

 

店長に、「勉強したいので今月限りでバイトを辞めさせてください」と言えば快く了承してくれるはずですし、バイトを辞めさせてもらえないということは絶対にないはずです。

 

学生の方で受験の少し前の時期であれば、バイトを辞めたい時に使える決まり文句ですし、アルバイトをする時間よりも勉強を優先させたいことを伝えれば、店長や社員の方は何も言うことができないでしょう。

 

学生時代にアルバイトをするのは社会経験として大事だと考える方はいらっしゃるものの、あくまでも学生の本分は勉強なので、これを疎かにしては意味がないと説明できます。

 

バイトと勉強を両立できる器用な方であればまだしも、受験という大きな目標が間近に迫っているのであれば、勉強だけに集中しなければ、後々になって後悔するはずです。

 

「あの時にバイトのシフトを入れずにもっと勉強しておけば良かった」と後悔しないためにも、一定期間に渡って休んで勉強するのがという選択肢が適しております。

 

もし、高校生が大学受験をするのであれば、大学生になってから好きなだけバイトで稼ぐことはできますし、勉強だけに集中できる期間は長い人生の中でも限られていると頭に入れておくべきです。

 

心の優しい店長であれば、バイトを辞めるに至らなくても、「受験が終わったらまた戻っておいで」と声をかけてくれるかもしれません。

 

今のバイトが楽しくて、もう少し長い期間に渡って続けていく意志があるのならば、勉強をする期間だけシフトを外してもらい、受験が終わってから今まで通りに働くのがベストです。

 

勉強でバイトを辞めたいことを店長に告げ、辞めさせてくれないということはあり得ませんし、雇用主もバイトとして学生さんを雇っている以上、受験や試験が迫ればシフトに入れないということを覚悟で雇っていると思います。

 

ただし、学生と言えどもバイト先の従業員ということには変わりませんし、「バイトを辞めるのを伝えにくいからばっくれよう」という考えは絶対にやめましょう。

 

バイトであればまだしも、社会人になったらそのような考えは通用しないので、今のうちに社会人としての常識を心得ておくようにしてください。

 

 

 

 


「バイトを辞めたい理由」に関するページ