馴染めないからバイトを辞めたい

 

 

馴染めないからバイトを辞めたいという方へ

周りの同僚や店長と馴染めないからバイトを辞めたいと考えている人は多くいらっしゃいます。

 

確かに、周りと馴染めなければ仕事が面白いとは感じませんし、一人ぼっちの状況がいつまでも続くのは本当に寂しいことです。

 

「業務連絡以外に話しかけられない」「同僚との輪に入れない」という状況が続けば、時給が良かったり仕事内容が好きだったりというバイトでも、辞めたいと考えてしまいます。

 

もし、馴染めないと感じたら早めに辞めるという決断を取るのは一つの選択肢ですし、1ヶ月でも2ヶ月でも短期間で辞めることは特に問題はありません。

 

いつでも好きな時に働き、好きな時に辞められるのがアルバイトの特権で、正社員との大きな違いとなっております。

 

居酒屋のように仲間内でのチームワークが大切なバイトは多いですし、周りと馴染めないのであれば他のバイトを探して、自分に合った人間関係や雰囲気の職場を見つけることが重要なのです。

 

もちろん、遊びでバイトをしているわけではなくお金を稼ぐために行っているので、ある程度の辛さは覚悟した方が良いのではないでしょうか。

 

楽をして稼げるような仕事はこの世にはありませんし、社会経験のためにも大学を卒業して社会人になる前に、働くことの大変さを理解していれば自分のためになります。

 

ただし、周りの人間と馴染めないと諦めるのではなく、自分から馴染めるように積極的にコミュニケーションを取るような努力は必要です。

 

単独での作業がメインのバイトならばまだしも、多くの業種は他人とコミュニケーションを取る形となりますし、仕事を教わるために店長や先輩と会話をします。

 

自分の性格に問題があり周りと馴染めないのであれば、その性格を変えられるような努力を同時に行わなければ次に進めないのです。

 

馴染めないからバイトを辞めたいという考えは決して間違いありませんが、自分の問題点を解決できなければどの職場でも同じことだと心得ておかなければなりません。

 

特に、常識がない人間は煙たがれる傾向があるため、「必ず挨拶をする」「笑顔で振舞う」「正しい言葉遣いで話す」といった点に注意していれば、余程のコミュ障でなければ周りの人間と馴染んで楽しくバイトを続けられます。

 

自分を成長させるためにも、何か一つでも嫌なことがあって辞めたいと考えるのではなく、仕事の話から少しずつコミュニケーションを取るような努力をすれば仲良くなれるはずなので、諦めずに努力してみてください。

 

 

 

 


「バイトを辞めたい理由」に関するページ