怒られたからバイトを辞めたい

 

 

怒られたからバイトを辞めたいという方へ

「仕事で店長に怒られたからバイトを辞めたい」と考えている方はいらっしゃいます。

 

確かに、初めてバイトをする学生さんであれば、親以外の人から怒られたという経験はかなり少ないでしょうし、注意を受けるのは学校の教師くらいなのではないでしょうか。

 

そのような学生さんが、会ってから間もない店長に仕事のことで注意されたり怒られたりすれば、不快な気分になってしまうはずですし、「このバイトは続けられない」と思ってバイトを辞めたいと考えてしまうのです。

 

しかし、怒られたからバイトを辞めたいというのは完全に甘えですし、仕事をしてお金をもらうという行為の本質を分かっていない可能性があります。

 

人間が生きていくためにはお金が必要ですし、そのお金を稼ぐことは簡単ではなく、アルバイトでも正社員でもそれは一緒です。

 

店長の目線に立って考えてみれば、お店の利益を上げるためにマネジメントをしなければならず、新人のアルバイトがいるのならば早く仕事を覚えさせるためにも多少はきつい言い方はすることがあります。

 

仕事を教わっている立場の人間にもよって異なるので、一概には説明することができませんが、「仕事を教わろう」とする態度がなければ怒るのは当然のことです。

 

あなたが怠けていようが頑張って働いていようが、「1時間○○○円」という時給が定められているのであれば、どんな人間にも給料を支払わなければなりません。

 

あなたがその給料に見合った仕事をしていなければ、注意したり怒ったりするのは上司として当然のことなので、怒られたからバイトを辞めたいという理屈は通らないというわけです。

 

また、「時給は頑張れば上がる」ということを信じて働き続け、いつまで経っても上がらないということで文句を言う方もいらっしゃいます。

 

これはあなたの主観と、店長さんとの客観が必ずしも一致するわけではないので、自分が一生懸命に働いていたとしても、店長からはそのように見えないというケースは十分にあるのです。

 

どちらにしても、「○ヶ月働けば必ず時給アップ」と記載されていない以上、雇われている私たちに文句を言う権利はないということを頭に入れておきましょう。

 

以上のように、怒られたからバイトを辞めたいという考えは甘いですし、どんな仕事内容のアルバイトだとしても、意識を持って臨まなければならないのです。

 

一定の給料をもらっている以上、それに見合った仕事をしていかなければならないので、早く仕事を覚えるような努力をするようにしてください。

 

 

 

 


「バイトを辞めたい理由」に関するページ