パワハラでバイトを辞めたい

 

 

パワハラでバイトを辞めたいという方へ

悪質なパワハラを先輩や店長から受けて、バイトを辞めたいと考えている方は意外と多くいらっしゃいます。

 

以前からパワハラに関する問題が挙げられており、現在では大分改善されてきました。

 

しかし、一部のバイト先や職場では未だにパワハラや後輩イジメのような風潮があり、上下関係が基本の日本では絶対になくならないのかもしれません。

 

そもそも、パワハラとはパワーハラスメントの略で職権を利用して本来の業務の範疇を超え、人格と尊厳を侵害する言動を部下や従業員に行うことを指しております。

 

もちろん、上司から部下に対して行われるだけではなく、場合によっては同僚間でパワハラが行われているケースもあり、精神的苦痛や肉体的苦痛を受けてしまうというわけです。

 

もし、バイト先でパワハラを受けているのであれば、辞めたいと考えるのは普通の人間であれば当たり前のことですし、どんなに給料が高くてもそのような職場で働き続けるメリットは特にないと説明できます。

 

精神的なストレスを受け続ければ、うつ病や自律神経失調症といった治りにくい病気を患うリスクは当然のように増しますし、肉体的な疲れも溜まって体調不良に悩まされてしまうはずです。

 

正社員の方であればまだしも、アルバイトであれば好きな時に辞められるという権利があるので、パワハラが日常茶飯事の職場からは直ぐに逃れた方が良いでしょう。

 

どのようなパワハラが行われているのか職場によって異なるものの、バイトを辞める正当な理由ということは間違いないので、辞めたいという旨を伝えても辞めさせてもらえない場合は、労基署や労働局に相談するべきです。

 

パワハラが原因で病気を患い、診断書に働くことができないという記載があるのならば、契約の期間内だったとしても、働くことを強制されるいわれはありません。

 

身体的な暴力で怪我まで負わされてしまった場合は、バイトの店長にしろ先輩にしろ、損害賠償を訴えることができるので、弁護士の方に相談するのが一番です。

 

ただし、自意識過剰の人は、業務上必要なことなのにも関わらず、ただ怒られたり注意されたりしただけで、パワハラだと訴えることがあります。

 

バイトの新人に対して仕事を覚えさせるために、ある程度怒ったりきつい口調になったりするのは仕方がないですし、あなたが同じミスを繰り返してばかりいれば当然です。

 

従業員を雇う以上、働いた時間だけ給料を支払わなければなりませんし、それは雇用主としての義務なので、その金額に見合った仕事をしていなければ叱るのはどの職場でも一緒だと言えます。

 

このように、仕事をしていく上で必要な注意と、パワハラを一緒に考えないように注意してください。

 

 

 

 


「バイトを辞めたい理由」に関するページ