つまらないからバイトを辞めたい

 

 

つまらないからバイトを辞めたいという方へ

「仕事がつまらないからバイトを辞めたい」「やりがいのある仕事じゃないからバイトを辞めたい」と考えている方はいらっしゃいます。

 

確かに、一度バイトの仕事がつまらないと感じると、自分の中でフレッシュな気分を保つことは難しいはずです。

 

毎日が同じことの繰り返しのようなバイトであれば余計につまらないと感じますし、「退屈で仕方ない」「もっと楽しい仕事はないのか」と考えるかもしれません。

 

同じ時間と同じお金を稼げるのであれば、つまらないバイトよりも面白いバイトをやりたいと考えるのは人間であれば当然だと言えます。

 

しかし、このような思考に至る方は、「仕事をしてお金を稼ぐ」ということの意味をはき違えているのではないでしょうか。

 

もちろん、楽しい仕事であれば自分のモチベーションは上がりますし、長く続けたいという気持ちもだんだんと芽生えてきます。

 

それでも、アルバイトでも正社員でも遊びに行っているわけではなく、お金を稼ぐために仕事をしているわけですし、「つまらないから辞めたい」というのはただの愚痴なのです。

 

アルバイトであればいつでも辞められますし、自分の好きな仕事を点々とすることはできます。

 

これは決して間違った生き方というわけではありませんが、社会人になったら通用しませんし、つまらないから会社を辞めて直ぐに転職できるほど甘い状況ではないのです。

 

そのため、毎日の仕事がつまらなくてやりがいを感じられないという方は、ただ嘆くだけではなく自分から行動して楽しくなるような工夫をしてみましょう。

 

「周囲の先輩に相談して新しいことを学べないかどうか積極的に動いてみる」「一つの仕事に対して自分なりの目標を決める」「自分の仕事が持つ重要性を意識する」という思考で、以前よりもアルバイトの仕事は楽しくなるので辞めたいと考えなくなります。

 

周りの人間と良好な関係を築けていたり、少しでも続けたいと思ったりしているのであれば辞めるのは勿体無いですし、社会人になってからのことも考えて少しでも続ける努力をするべきです。

 

アルバイトで同じ作業ばかりしていると、自分の仕事に価値がないように思えてくるのは仕方がありません。

 

それでも、仕事全体で見れば、あなたの単純作業も重要なプロジェクトの一部かもしれませんし、「やらされている」のではなく「重要な仕事の一部を任されている」と意識すれば、少しはバイトに対する考え方も変わるはずです。

 

どんな仕事でも少なからず単純作業はありますし、それを当たり前にこなせてこそ一人前に一歩近づくと考えるようにしてください。

 

 

 

 


「バイトを辞めたい理由」に関するページ