接客のバイトを辞めたい

 

 

接客のバイトを辞めたいという方へ

コンビニエンスストアや飲食店など、接客業のバイトをしている方で、今直ぐにでも辞めたいと考えている方は多いようです。

 

確かに、接客業はありとあらゆる業種の中でも厳しい仕事の一つで、考えられないようなクレーマーはたくさんいます。

 

自分に非がないのにも関わらず、店員に怒鳴りつけてみたり、常識の範囲外のわがままを言ってみたりと、そのようなクレーマーの対処を行うのも接客業の仕事なのです。

 

特に、初めてアルバイトを経験した方にとって、このようなお客さんと接すること自体が初めての経験でしょうし、自分が悪くないのに怒られ続けなければならないため、バイトを辞めたいという結論に至ってしまいます。

 

飲食店で満席だとお客さんに説明をしているのにも関わらず、「客を待たせるな」と言ってごねる方がいれば、コンビニでレシートを持っていない別のお店で買った商品の返品を求めたりと、鼻で笑ってしまうようなクレーマーは少なくありません。

 

このようなクレーマーを相手にしなければならない接客業は辛いですし、経験のない若いアルバイトの子であれば、辞めたいと感じるのは仕方がないと説明できます。

 

どんな接客業なのかによって異なるものの、辛くて自分に合わないと感じたのであれば、辞めて別のバイトを探すのも選択肢の一つです。

 

若い年齢の方であれば、一つのアルバイトに拘らなくても、探せば働き先はいくらでも見つかるはずですし、あまりにも仕事でストレスを溜め込み過ぎるとうつ病といった精神的な病気にかかってしまいます。

 

無理に接客業のバイトで働き続ける意味は特にないですし、自分の身体が一番ということは間違いないので、バイトを辞めたい気持ちでいっぱいならば、店長に続けていけないことを正直に告げましょう。

 

実際に、クレーム対応で辛い思いをしているのであれば、その人の気持ちを分かってくれるはずですし、従業員を働かせる権限は責任者にはないので、バイトは辞めたい時に辞めることができます。

 

とは言え、辞めたいから辞めるのはアルバイトの特権だとしても、社会に出たらそんな甘い考えは通用しないので、社会経験という意味でも、接客業のバイトを続ける努力を行った方が良いかもしれません。

 

自分にとって辛いことがあったら辞めるという姿勢では、どんなバイトでも長続きしないはずですし、接客業以上に辛い仕事は存在します。

 

辛いながらもがんばって働き、一つのバイトを続けられれば、一つ壁を乗り越えたことになるので、スキルアップに繋がることは間違いないです。

 

 

 

 


「接客のバイトを辞めたい」に関するページ