カフェのバイトを辞めたい

 

 

カフェのバイトを辞めたいという方へ

オシャレなイメージがあるカフェでバイトをしたいと考える方は多く、ウェイターもウェイトレスもいらっしゃるため、男性でも女性でも働ける仕事の一つとなっております。

 

しかし、カフェと言っても接客業には変わりないため、色々と仕事で辛いと感じるケースもあり、バイトを辞めたいと感じている方も多いようです。

 

初めて接客業を経験する方は、お客さんへの言葉遣いが分からなかったり、どのような接客をすれば良いのか分からなかったりと、面倒な客とトラブルになることがあります。

 

「申し訳ありません」と謝っていても、「店長を呼んで来い」「上の者を呼べ」というように、全く引かないお客さんはいらっしゃいますし、精神的に辛いということでバイトを辞めたいと考えてしまうのです。

 

カフェには様々な人が来店し、コーヒーや紅茶といった飲み物しかおいていないのにも関わらず、「コーラをくれ」との一点張りで、店員さんに迷惑をかける方は決して少なくありません。

 

自分で飲み物を注文したのにも関わらず、「味が薄い」「前に飲んだ味と違う」ということで返金を要求したりと、あり得ないクレームをつけてくる方はいらっしゃるのです。

 

カフェのバイトでは、ホールスタッフの仕事であれば、このようなお客さんとも関わっていかなければならないため、求人が多い代わりに実際に辞める人も多いのではないでしょうか。

 

初めてのバイトがカフェの高校生であれば、まだまだ知らないことの方が多いはずで、お客さんに怒られただけで泣いてしまうケースもあります。

 

「自分には合わない仕事だった」「精神的に辛い」「このまま続けていくのは無理がある」と感じたら、もっと別のアルバイトを探すのは一つの選択肢です。

 

実際に働いてみなければ、どのような仕事なのか把握できないものの、カフェといった接客業のバイトをしようと考えているのであれば、多少の辛さは乗り越えなければならないと頭に入れておく必要があります。

 

カフェだけではなく、コンビニやファミレスのバイトも接客業ですし、キッチンスタッフでなければお客さんと何かしらの形で接するはずですし、理不尽な怒られ方もするはずです。

 

そのような経験をして逃げ出すのではなく、歯を食いしばって乗り越えることで自分を成長させられますし、続けられた時の達成感はかなり大きいかもしれません。

 

諦めてバイトを辞めたいと思うことは簡単ですが、同じ仕事を続けるのは勇気と根気が要りますし、更に辛いことが待ち受けている可能性もあります。

 

それでも、甘ったれた自分を鍛え直すには、接客業という仕事は実に最適なので、直ぐに辞めたいと考えるのではなく、少しは続ける努力をしてみてください。

 

 

 

 


「接客のバイトを辞めたい」に関するページ