コンビニのバイトを辞めたい

 

 

コンビニのバイトを辞めたいという方へ

楽なバイトというイメージが強いコンビニですが、今直ぐにでも辞めたいと考えている方はいらっしゃいます。

 

要領の悪い人であれば、コンビニで教わる簡単な仕事ができず、「遅い」「とろい」と罵られることはあるはずです。

 

それに、コンビニのバイトでは様々な年代の方が働いているため、自分と気の合う人間がおらず、一人ぼっちになって寂しいというのも、辞めたいと思う原因の一つかもしれません。

 

仕事の内容は、商品を棚卸ししたりレジ打ちをしたりと、単純な作業が多いものの、働いていて楽しいと思える環境でなければどんな仕事でも続けるのは難しいのです。

 

人間関係がギスギスしているような職場では、快適に働いていくことはできないので、「早くコンビニのバイトを辞めたい」と考える気持ちも少なからず分かります。

 

とは言え、コンビニのバイトは基本的に求人が多く、人手不足で悩んでいる店舗は少ないため、辞めさせてもらえないということはないはずです。

 

バイトを辞める2週間前に店長に伝えておけば、1ヶ月間しか働いていなかったとしても、私たちには辞める権利があります。

 

雇用主が従業員を拘束できるような法律はないため、店長に嫌な顔をされてしまったとしても、自分の意志でコンビニのバイトを辞められるというわけです。

 

セブンイレブンやファミリーマートなど、コンビニの種類によっても異なるので一概には説明できないものの、簡単な仕事だからこそマニュアル通りに行動しなければならず、つまらないと感じて辞めたいという気持ちが芽生えてしまうのではないでしょうか。

 

コンビニ以外にもたくさんのアルバイトの種類があるので、一つに拘らなくても若い年齢の方であれば、雇ってくれるところはあります。

 

しかし、コンビニよりも遥かに辛い仕事を強いられる接客業はたくさんありますし、この仕事を長く続けられないような人が、他のバイトを続けられる保証はないはずです。

 

いくらバイトを選ぶのが自由だと言っても、一つの仕事をろくに続けられないような人間は、どのアルバイトをしても長続きしないのは目に見えているので、多少は自分にとって辛いことがあったとしても、乗り越える努力をしなければなりません。

 

もちろん、あまりにも無理をし過ぎるとストレスが溜まり、うつ病といった精神的な病気を患うリスクが高まるので、十分に注意しなければならないと言えます。

 

それでも、ぶち当たる壁を乗り越えることで、人間は少なからず成長できるはずなので、コンビニで働いていて「今の仕事を辞めたい」と感じても、少しは続けられるように努力してみてください。

 

 

 

 


「接客のバイトを辞めたい」に関するページ