ディズニーのバイトを辞めたい

 

 

ディズニーのバイトを辞めたいという方へ

ディズニーのバイトを辞めたいということで、悩んでいる方はいらっしゃいます。

 

夢の国ということで、女性であれば誰もが憧れる場所なのですが、かなりのブラック企業だと言われており、表の顔と裏の顔は大きく異なるようです。

 

ディズニーに従事しているオリエンタルランドには、正社員が約2,000人ほど在籍しており、それぞれのロケーションに2人から3人程度の割合で配置されております。

 

その正社員に対して、ディズニーのアルバイトをしている人は約18,000人もいると言われており、1年間で9,000人もの人間が退職していくのです。

 

この数値だけを見ても、ディズニーでの仕事がどれだけ大変なのか想像つくでしょうし、バイトを辞めたい方で溢れていると説明できます。

 

これだけのアルバイトが辞めていくということで、「手間暇かけて育てたお金が無駄になってしまうのでは?」と考えるかもしれません。

 

しかし、1年間で約5万人もの応募者が集まるらしく、そのうちの9,000人を採用すれば良い計算となるので、ディズニーが人手不足で悩まされる心配は全くないというわけです。

 

これだけバイトを辞めたいという人が多い中、ディズニーの仕事に就きたいと考える人は減らないため、夢の国で働けること自体に希望を持っている方が多いのではないでしょうか。

 

実際に仕事をしてみて、あまりにも辛くて辞めたい人が多かったとしても、「ディズニーで働けるだけで幸せ」と考える人はかなり多いみたいなので、辞めずに頑張って続ける方も多いのです。

 

とは言え、ディズニーでは社員がアルバイトに仕事を教えるというシステムではなく、先輩後輩の間柄でアルバイトを鍛えるような仕組みになっております。

 

決まったマニュアルが存在しないのも、ディズニーの仕事の大きな特徴となっており、職歴の長いアルバイトが新人のアルバイトに仕事を教え、一人前になれるように育てていくというわけです。

 

このような仕組みの企業は意外と珍しいのですが、そこでは先輩から後輩に対するイジメなども行われており、その現状もバイトを辞めたいと考える人が増える大きな原因かもしれません。

 

もちろん、先輩から後輩に対するパワハラなどは、どの職場でも共通するかもしれませんが、ディズニーのバイトではそれが顕著に行われているという噂があるのです。

 

この実態が本当なのか嘘なのか、真実は分からないものの、ディズニーでバイトを続けていくためには、相当な覚悟と根気が必要だということを頭に入れておいてください。

 

 

 

 


「接客のバイトを辞めたい」に関するページ