カラオケのバイトを辞めたい

 

 

カラオケのバイトを辞めたいという方へ

カラオケのバイトは、皆さんが思っている以上にハードな仕事となっており、辞めたいという方が続出しているようです。

 

個人経営のようなカラオケ屋さんであれば、多少は異なるかもしれませんが、シダックスやカラオケ館といった大手ですと、仕事内容が想像以上に辛いというケースも少なくありません。

 

カラオケ屋のバイトは接客業なので、ある程度の辛さは仕方がないものの、色々な部屋を走り回って飲み物や食べ物を届けたり、客が帰った後の掃除も仕事内容の一つとなっております。

 

常識がない人であれば、部屋を汚していくことが多く、その後片付けも綺麗にしなければならないため、ストレスの溜まる仕事というわけです。

 

重い荷物を運ぶわけではないため、女性の方でも難なくできる仕事だと言えますが、持久力と精神力が必要だと言われているため、初めてバイトをした学生さんは辞めたいと感じてしまうのでしょう。

 

実際に、カラオケに遊びに行っていると、店員さんの仕事を見て楽しそうだと感じる方はいらっしゃるはずです。

 

しかし、そこまで時給が高くないのにも関わらず、バイトでやらされる仕事は相当なものなので、自分に合わないと感じたら辞めるのも選択肢の一つだと説明できます。

 

店長やマネージャーの方が厳しいとしても、アルバイトの人間はいつでも仕事を辞める権利がありますし、無理矢理働かせるのは労働基準法で違法となっているのです。

 

店舗によって詳しい規定は異なっており、契約書に「辞める時は1ヶ月前に申告しなければならない」と記載されているのであれば、そのマニュアルに従う必要があります。

 

とは言え、事前に辞めたいという旨を責任者に伝えていれば、残りのシフトをこなすだけで直ぐに辞められますし、その間に他のアルバイトを探すのも十分に可能です。

 

カラオケのバイトを続けていれば、忍耐力が備わるかもしれませんが、だからと言って身体を壊してしまっては元も子もないため、辞めるという決断も時と場合によっては必要かもしれません。

 

ただし、この世に楽して稼げるような方法は一切ありませんし、どのバイトでも辛いことは多少はあると頭に入れておくことが大事です。

 

特に、接客業であれば、お客さんと接していかなければならず、奇想天外なクレームをつける方もいらっしゃいます。

 

カラオケ屋だけではなく、飲食店やコンビニといったバイトでも同じことが言えるので、ある程度の覚悟はどの仕事でも持っておいた方が良いでしょう。

 

 

 

 


「接客のバイトを辞めたい」に関するページ