ケンタッキーのバイトを辞めたい

 

 

ケンタッキーのバイトを辞めたいという方へ

「初めてのバイトは有名なチェーン店が良い」ということで、ケンタッキーでバイトを始めようと考えている学生さんは多いかもしれません。

 

高校生でも雇ってくれますし、基本的にコンビニよりも時給が高いのが魅力の一つです。

 

しかし、バイトを始める人が多い一方で、「辞めたい」「続けたくない」「職場に行きたくない」と悩む人も多くなっています。

 

なぜケンタッキーのバイトを辞めたいと考えるのか、以下では口コミを元にしてまとめてみました。

 

 

・それぞれのセクションの人数が少ないので自分に重大な責任がある

・チキンやポテトを作るだけではなく接客も同時に行わなければならない

・調理しなければならないので油やオーブンで火傷することが多い

・厨房には冷蔵庫があるので冬場は寒くて手がかじかむ

・最大のイベントとも言える繁忙期のクリスマスは忙しくて死にそうになる

・子供の食べ散らかしを片付ける際に苦痛を感じる

・色んなことを覚えて効率良く作業して応用力を身に付けなければならない

 

 

作業のスピードを上げたり効率良く動いたりしなければならないのはケンタッキーに限った話ではなく、他の仕事にも該当します。

 

しかし、飲食店特有の辛さがケンタッキーにはあり、数日間に渡って働いただけでバイトを辞めたいと考えてしまう人はいるのです。

 

「なるべく楽なバイトをしてお金を稼ぎたい」という気持ちは十分に分かりますし、「もっと簡単な仕事だと想像していた」という方は多いかもしれません。

 

とは言え、アルバイトでも正社員でも楽な仕事はこの世にはありませんし、お金を稼ぐことの難しさや厳しさを学習する意味も含めて直ぐに諦めるクセは直した方が良いと思います。

 

ゆとり世代の甘ちゃんは特に何か少しでも辛いことがあると、「バイトを辞めたい」「自分には合わない」「他を探そう」と考えるのではないでしょうか。

 

ケンタッキーのアルバイト程度で「辛い」「苦しい」と嘆いているような状態では社会には出られませんし、社会人になればもっと辛いことにも立ち向かっていかなければなりません。

 

その免疫をつけるためにも新しいバイトを探すのではなく、ケンタッキーで少しは続けられるように努力してみてはいかがでしょうか。

 

もちろん、バイトを辞めること自体を完全に否定することはできず、店長や上司へと相談すれば今直ぐにでも辞められます。

 

誓約書を書かされたとしても、バックれて訴えられることはありませんが、イメージは良くないのできちんと辞めたいという旨を伝えてください。

 

 

 

 


「接客のバイトを辞めたい」に関するページ