マックのバイトを辞めたい

 

 

マックのバイトを辞めたいという方へ

ファーストフードとして最も有名なブランドはマクドナルドで、誰しもが一度はハンバーガーを食べたことがあるはずです。

 

100円以下で美味しいハンバーガーを直ぐに食べられるマックは魅力的で、コーヒーを安く販売するキャンペーンが行われていたりするので、喫茶店代わりとして利用するお客さんも現在では増えております。

 

友人と一服したり勉強をしたりと、様々な活用法ができるマックは、私たちの生活にかなり馴染んでおりますが、バイトをしている方からすればかなりハードで、辞めたいという方もそれなりに多いのです。

 

マックは高校生でも気軽に始められるアルバイトの一つということで、募集をかけていれば直ぐに人が集まるものの、その分辞めたいという人も比例して多いのかもしれません。

 

マックで混雑している時に、店舗の様子を伺ってみれば把握できるかもしれませんが、接客をしたり食べ物を作ったり、ゴミの片付けをしたりと、店員さんは引っ切り無しに動き回っております。

 

都内で忙しい時間帯になれば、お客さんが増えるのは当たり前かもしれませんが、テキパキと行動できる人間であればまだしも、おっとりとしている人やマイペースな人には向いていないバイトなのです。

 

行動がとろくて怒られることは多いでしょうし、仕事内容が多い割には時給が安いということが、マックのバイトを辞めたいと考えている人が多い要因だと説明できます。

 

地域によって時給は異なるので一概には説明できないものの、都心でも900円以下という店舗が多く、地方のマックに至っては780円というところも存在するのです。

 

「そんな安い時給でマックのバイトなんて続けられるわけがない」という人の気持ちも少なからず分かりますし、仕事の辛さを考えたら時給が見合っていないのも事実だと説明できます。

 

もし、自分に合っていないバイトだと感じて、辞めたいと思っているのであれば、マックではなく他のバイトを探す努力をした方が良いでしょう。

 

この世にバイトは溢れかえっておりますし、若者であれば雇ってくれるところはたくさんあるはずなので、体質的に自分と合った仕事を見つけることができるはずです。

 

上記では、マックのバイトの悪いところを中心に記載しましたが、出会いが多いというメリットもあり、若者からすれば嬉しいことかもしれません。

 

特に、社内恋愛が駄目だという規定はないはずですし、10代や20代といった若い世代の男女がマックでは働いているので、他の仕事と比べて圧倒的に出会いは多いというわけです。

 

しかし、出会い目的でこの仕事を始めると、想像以上の辛さで直ぐに挫折してしまうかもしれないので、ある程度の忍耐力が必要だと心得ておいてください。

 

 

 

 


「接客のバイトを辞めたい」に関するページ