王将のバイトを辞めたい

 

 

王将のバイトを辞めたいという方へ

餃子のチェーン店で最も有名な王将は色々な場所に店舗が出ており、一度は王将で食事をしたことがあるはずです。

 

この王将はバイトにしても正社員にしても、とんでもないスパルタ教育が行われており、何人もの方が辞めたいと嘆いております。

 

確かに、今のゆとり世代の若者は、義務教育でスパルタ教育などを受けておらず、無理をすると親が出しゃばってクレームを言うため、どの小学校や中学校でも控えられてきました。

 

餃子の王将では、この甘ったれた根性を鍛え直すという意味で、新人の正社員に研修を行い、「汗をかかない」「涙を流さない」「感謝を知らない」という傾向の若者に教育を行っているのです。

 

実際に、YouTubeでは王将の新人研修の様子を動画で閲覧でき、これを見てしまったら「バイトを辞めたいと思うのは当然だ」と感じるのではないでしょうか。

 

正社員に行われている教育なので、アルバイトにはどのような指導がなされているのか分からないものの、正社員に厳しくてバイトには甘いということはないはずです。

 

企業全体が体育会系のような感じのフードサービスということで、王将でバイトをしたいと考えている方は、確固たる覚悟を持ち合わせていなければ続けることができないと説明できます。

 

多くの人がバイトを辞めたいと感じる中で、王将で仕事を続けられたのであれば、他のどの接客業と比べても温く感じるはずですし、自分のスキルアップに繋がるかもしれません。

 

ただし、あまりにも無理をし過ぎるのは良くありませんし、これは正社員の方にもアルバイトの方にも、両方に同じように言えることです。

 

実際に、2013年に餃子の王将を運営している王将フードサービスで、社員を1ヶ月135時間まで残業させ、辞めたいという要望に応じずに働かせ続けたということで裁判に至る事件がありました。

 

1ヶ月で135時間労働というのは相当ですし、実際にその社員は過労でうつ病を発症をし、その状態になっても「逃げさせない」ということで、3ヵ月後には適応障害や抑うつ状態と医師に診断されて仕事に復帰できなくなってしまったのです。

 

このような事件が引き起こされてから、現在に至るまでそれなりに時間が経っているので、今ではこのようなスパルタ教育は多少は改善されたのかもしれません。

 

それでも、飲食店の中でもハードな仕事を要求されることは間違いないですし、意志の弱い方が続けても直ぐにバイトを辞めたいという考えに至ってしまいます。

 

自分を鍛え上げるという意味で、餃子の王将でバイトを試みるのは一つの選択肢かもしれませんが、想像以上に辛い仕事だということを頭に入れておいてください。

 

 

 

 


「接客のバイトを辞めたい」に関するページ