パチンコのバイトを辞めたい

 

 

パチンコのバイトを辞めたいという方へ

パチンコやパチスロが好きで、パチンコ屋のバイトを始めるという方は多くいらっしゃいます。

 

しかし、実際に遊ぶのと、パチンコ屋で仕事をするのとでは大きく異なり、想像以上にハードな仕事が待っているということで、辞めたいと感じる人がかなり多いのです。

 

確かに、パチンコの玉にしてもパチスロのメダルにしても、ドル箱にギッシリと詰まっていればかなりの重さになり、バイトの方でも正社員の方でも計数するために運ばなければなりません。

 

毎日のように重い物を持ち歩く仕事をしていれば、足や腰を痛める原因となりますし、体力に自信のない方であれば辛くて直ぐに辞めたいと感じてしまうのです。

 

パチンコ屋の給料は、他の接客業に比べるとかなり高く、都心であれば昼間で時給1,000円を越えるところがほとんどとなっております。

 

コンビニのバイトでは、研修中は800円、研修期間が終われば850円とかなり安いですし、「こんな場所で働き続けても大きなお金にならない」ということで、パチンコ屋で働こうと考えるのです。

 

とは言え、自分が想像していた以上に辛い仕事だということが分かり、身体的に辛いだけではなく、職場の人間関係がギスギスとしていれば、更に追い討ちをかけられるため、このバイトを辞めたいと感じるのは普通の思考だと言えるでしょう。

 

それに、偏見は良くありませんが、パチンコ業界は低教育者の集まりだと言われており、人間関係は他のアルバイトと比べて悲惨な状況となっていることが多くなっております。

 

そして、店長クラスになると、柄が悪かったり癖があったりと、普通の店舗の上司とは少々異なり、口が悪い人も少なからずいらっしゃるため、初めてのアルバイトがパチンコ屋という学生さんであれば、ビビって辞めてしまうというわけです。

 

もし、色々なことが積み重なってストレスが溜まり、自分の身体に異常が生じるほどであれば、次のバイトに心機一転行くのも勇気の一つだと説明できます。

 

どんなに給料が高かったとしても、自分の身体を壊してしまっては元も子もありませんし、嫌々働き続けたとしても、あなたにとって何のメリットもありません。

 

パチンコ屋でも場所によっては、働きやすいと感じるかもしれませんが、今の状況が最悪なのであれば精神的な病気を患ってしまう前に、別のバイトを探す努力をしてみるべきです。

 

大袈裟かもしれませんが、生きてくための仕事で身体を壊したら本末転倒だということを、しっかりと頭に入れておいてください。

 

 

 

 


「接客のバイトを辞めたい」に関するページ