シフトに入っているけどバイトを辞めたい

 

 

シフトに入っているけどバイトを辞めたいという方へ

シフトに入っているけどバイトを辞めたいという方は、たまにいらっしゃいます。

 

バイトの種類によって異なりますが、基本的に2週間単位や1ヶ月単位でアルバイトの方は、店長やマネージャーなどにシフトを提出し、出勤する日数と決めるはずです。

 

正社員とは異なり、自分で大まかに働く日数や働く時間を決められるというのが、バイトの最大の魅力かもしれません。

 

融通のきくバイトであれば、「試験で今月は忙しいな」「今月は資格の勉強がある」という時は出勤日数を減らし、ガッツリと働きたい時にシフトをたくさん入れられます。

 

しかし、いくらバイトを辞めたいとしても、1ヶ月以上前に申告するのがマナーですし、シフトに入っている以上、あなたが急にいなくなればお店に迷惑がかかるのです。

 

研修中の期間であればまだしも、人手不足の店舗であれば、あなたはお店で働くアルバイトの一員として数えられているはずなので、急に辞めることでお店が回らなくなることがあります。

 

そのため、シフトに入っている以上は、その間は頑張って働くしかありませんし、バイトを辞めたいのであれば1ヶ月以上前に店長などに報告をしなければならないのです。

 

「店長に勝手にシフトを組まれた」というケースは少ないですし、あまりにも詰め込みすぎたのであれば、自分の要領が悪かったということで諦めるしかないのではないでしょうか。

 

バイトを辞めるまでには至らないとしても、どうしても行けない用事などができてしまったのであれば、事情を話して同僚や先輩にシフトを代わってもらう努力をする必要があります。

 

シフトに入っている段階で、どうしてもバイトを辞めたいという場合、バックれるという方法がありますが、これはあまりおすすめできません。

 

急にいなくなるのはお店にとって迷惑が掛かりますし、あなたにとっても後味の悪いものとなるので、きちんと事情を話してバイトを辞めさせてもらうのが大人の対応だと説明できます。

 

「バイトの面接で受かる」→「自分に合わないと感じる」→「残りのシフトが面倒くさいからバックれる」ということを繰り返していても、あなたのスキルアップには何も繋がらないのです。

 

それどころか、直ぐに諦めるようなクセがついてしまうはずですし、一つの仕事を満足に続けられないような人間が、正社員になるのは非常に難しいと言えます。

 

一つのアルバイトを続けるのは、これから正社員として一つの仕事に打ち込んでいくための練習のようなものなので、多少の努力はするようにしてください。

 

 

 

 


「バイトを初日で辞めたい」に関するページ
人手不足だけどバイトを辞めたい
研修中にバイトを辞めたい
シフトに入っているけどバイトを辞めたい