バイトを辞める時のトラブル

 

 

バイトを辞める時のトラブルについて

バイトを辞める際にトラブルに巻き込まれるケースがあり、どの職場で働いている方にも該当するので注意しなければなりません。

 

良心的な職場であれば、バイトを辞めるだけでトラブルになることはないですし、従業員は気分良く辞められますし、雇用主側も快く送り出してくれます。

 

しかし、場合によってはトラブルに発展することがあり、どんなに避けようと心掛けていてもあなたに降りかかることはあり、泣き寝入りの対処ではその後の人生に大きく影響するのです。

 

トラブルの一例としては、「働き方が気に喰わないと言われ給料が振り込まれなかった」「バイトを辞めたいのに代わりが見つかるまで辞めさせてくれなかった」というのが挙げられます。

 

いくら従業員の態度が悪くて店長に嫌われていたとしても、労働者が働いて雇い主が賃金を支払うという労働契約を結んでおり、これは高校生でも大学生でも年齢による差はないのです。

 

つまり、給料を振り込まないというのは、明らかに雇い主に非がありますし、賃金を貰う権利はあるので、泣き寝入りするのではなく労働条件を高めるために存在する労働組合に相談してみましょう。

 

また、基本的にどのバイトでも退職は自由で、自分の意志で今のバイトを辞めたいと思ったら自由に退職できますし、「一身上の都合」という理由も使えます。

 

「代わりの人材が見つかるまで辞めさせない」というのは横暴ですし、労働者を無理に働かせる権利は雇い主には全くないため、店長の指示に従う必要性はないというわけです。

 

このような労働に関する規定を理解していないと、バイトを辞める時にトラブルが引き起こされるかもしれないので、ある程度の契約条件などは把握しておいた方が良いかもしれません。

 

とは言え、トラブルなく気分良くバイトを辞めるのが理想なので、「責任者に面と向かって伝える」「早めに辞めることを伝える」「繁忙期をできる限り避ける」ということを辞める際には心掛けるべきです。

 

退職日までに最低限必要な期間は2週間ですが、就職などでバイトを辞めることが決まっている場合は、できる限り早めに店長へと伝えていれば、それだけトラブルを避けることができます。

 

そして、誠心誠意を持って辞めることを伝えるためには、電話やメールといった通信手段を使用するのはNGで、1日の仕事が終わった後に事務所などで話し合うべきです。

 

「学業に専念したい」「遠くへと引っ越すことになった」「親が病気になった」というように、幅広い立場の人に納得してもらいやすい理由であれば、トラブルなく辞めることができるのではないでしょうか。

 

 

 

 


「バイトを辞める時のトラブル」に関するページ