直前にバイトを辞める

 

 

事前にバイトを辞めるという方へ

バイトを辞める場合は、事前に店長といった責任者に告げるのが暗黙の了解となっております。

 

法律では、1年間以上に渡って在籍していた職場であれば、特に理由がないとしても即日で辞められると記載されているので、辞めるその日に伝えたとしても、特に問題はないのです。

 

それでも、急に労働者から辞めることを告げられたら、多くの方は戸惑ってしまうはずですし、「もう少し前に言ってくれれば」と考えます。

 

もし、シフトを既に店長が考えていた場合、あなたが辞めることによって作り直さなければならないですし、穴埋めができなければ他の従業員に対しても多大な迷惑がかかるのです。

 

そのため、辞める時に報告の義務がないとしても、社会的なルールとして事前にバイトを辞めることを店長に伝えておいた方が良いかもしれません。

 

2ヶ月も3ヶ月も前から伝えておく必要はなく、労働者からの退職の申し出は2週間前で十分となっております。

 

常に労働者は辞める可能性があり、正社員ではなくアルバイトであれば尚更急に辞める確率は高くなるので、その際の備えをしておくのが会社にとってのリスクマネジメントなのです。

 

2週間前から伝えておけば、音沙汰なく今のバイトを辞められるはずですし、「○○月○○日まで働く」という契約が交わされていても、辞める際は事前に伝えておいた方が良いと言えます。

 

職場によっては、急に辞めることを伝えてもスムーズに事が運ぶかもしれませんが、「常識のない人間だな」と思われるはずなので、事前に続ける意志がないことを告げておきましょう。

 

学業に専念したい方も、これから就職活動を始めなければならない方も、急に辞めなければならない特別な理由があるケースは非常に少ないはずです。

 

お店にも他の従業員にも、迷惑をかけずに辞めるのがベストだということを、しっかりと頭に入れておく必要があります。

 

また、とある企業のコンサルタントに話を伺うと、ここ近年では期待をしていたのにも関わらず、1日や数日といった短い期間で辞めてしまう若年アルバイトの方が増えているようです。

 

このような人は、事前に連絡をせずにばっくれることが多く、「出勤日なのに顔を出さない」「電話をしても繋がらない」ということで、採用担当者の悩みの種となっております。

 

恐らく、「求人雑誌に書かれていた内容よりも仕事が辛かった」「自分が想像するバイトとは大きく掛け離れていた」ということで、若年アルバイトの方は直ぐに辞めてしまうそうです。

 

面接の際に、仕事内容についての詳しい説明をしなかった店長に非があるケースもあるものの、何も言わずに辞めるのは常識外れですし、社会に出たら通用しないので、辞める時は担当者にしっかりと告げるようにしてください。

 

 

 

 


「バイトを辞める時のトラブル」に関するページ