辛いからバイトを辞めたい

 

 

辛いからバイトを辞めたいという方へ

バイトを辞めたいと考える一番の理由が、「仕事内容が辛いから」というもので、どの業種でも該当します。

 

求人の募集ページを見ていると、「思ったよりも簡単そうな仕事だから自分にもできるかも」と考えるはずです。

 

しかし、実際にバイトの面接に受かって仕事をしてみると、想像以上に辛いということが分かり、「イメージしていた仕事と違った」ということで、バイトを辞めたいという思考に至ると考えられます。

 

特に、飲食店といった接客の仕事は想像以上に辛いことが多く、理不尽なクレームをつけるようなお客さんを相手にしなければなりません。

 

そのようなクレーマーが毎日のように来店するわけではありませんが、初めてのバイトで運悪く接客をすることになれば、辞めたいと考えてしまうのは仕方がないのです。

 

飲食店の場合、ホールスタッフだけではなく、キッチンスタッフの仕事内容も辛いですし、ストレスの溜まるバイトの一つとなっております。

 

しかも、仕事内容がハードというだけではなく、職場の人間関係が最悪な状態の店舗であれば、肉体的なダメージだけではなく、精神的なダメージも受けるので、「辛いからこのバイトを辞めたい」と言って、数週間で辞める人もいるのです。

 

バイトを続ける期間は人によって異なるものの、3日や1週間といった短い期間でばっくれる方もおり、直ぐに他のアルバイトを探すような対処をしております。

 

確かに、仕事内容が辛ければ、研修期間中に逃げ出したくなりますし、「3日分の給料は要らないからとにかくこの場所から離れたい」と考えるのも不思議ではないでしょう。

 

ただし、辛いからバイトを辞めたいと言って逃げ出していては、どんなアルバイトでも長く続けることができませんし、ある程度の忍耐力はどの業種でも必要だと説明できます。

 

この世に楽をして稼げるような方法は一切ないわけですから、ちょっと自分に嫌なことがあったくらいで投げ出すような姿勢は改善した方が良いのです。

 

アルバイトの方は、1年間以上に渡って勤めていれば、急に辞めることは可能となっておりますし、入ってから1ヶ月未満だったとしても、事前に伝えていれば自由に辞められます。

 

そもそも、雇用主が従業員を縛り付けることは法律で禁じられているので、「2週間後には辞めたい」と言えば、店長は納得するしかありません。

 

とは言え、バイトに入って辞めるという繰り返しを何回にも渡って続けていても、自分のためにはなりませんし、直ぐに諦めてしまうような人間になるはずなので、多少の努力は試みてください。

 

 

 

 


「辛いからバイトを辞めたい」に関するページ